借金におぼれることからの悪習を断つ

投稿者: whitegru3

Barron’sの記事から(Henry Kaufman):

現在の問題の根源において、Kaufman氏は素直に十年間に渡る借金の拡大を指摘した。特に2000年以降ににより多く、非金融負債がGDPの名目GDPの成長をおよそ$8兆越えた、又は1990年代のギャップの2倍以上である。

借金が激しく上昇傾向になる中、貯蓄はサハラ砂漠の真昼間の大きな雪玉のように収縮した。貯金、もし若過ぎる人又は、向こう見ずすぎる若者で覚えていないかもしれないが、重要なビジネスである高価なテレビ・セットの購入とより少ないやむを得ない食事とモーゲージの支払い後の給与の残りである。

そしてこれらの衰退的世代の一番いいところは、たとえ自分の所得の最後1㌣まで使ってしまって、子豚の貯金箱が’空になっても、それでも食べ物や安物の宝物はたくさんあったし、それと巨大スクリーンテレビとさまざまなオプション機能もつけて、魔法のクレジット・カードのスワイプで又は、住み慣れた家産の価値を絶えず引き上げレバレージする事ができた。

Kaufamn氏は1960年から1990年はより激しい非難より恐れかしこんで物語る。非金融負債の成長は名目のGDPと比べより穏やかな1.5倍であった、その間貯蓄レートは健全に年率9%の伸びを見せた。1991年から2000年に、状況はやや活発になった。しかし不愉快なほどではない。:負債がGDPの成長の1.8倍の伸びとなり貯蓄率は4.7%となった。

2001年から、借用が巨大な流行で急上昇した:莫大な住宅バブルによって助けられ、そそのかされ、負債がGDPの2倍の伸びに急増した。その間に年間平均貯蓄率は乏しい1.4%に減少し、そして最近は、しばしば、ゼロに。。

Kaufman氏は他に方法がないと指摘する:もし世界が金健全さの外見を取り戻すなら、借金の悪習を断たなければいけない。そういう理由で、不意の叫び、私たちを苦しめるに経済恐怖に厳しい上限を誰かが気付くことができる:すでに一般の人の自覚を向上させることに驚くほどの効果を見せている–それが必ずしもWashingtonとWallstreetではなく、借金に深入りする危険へ。

広告