雇用、1ヶ月で1/2 Million消え去った

投稿者: whitegru3

雇用は11ヶ月連続で縮小し、失業率は6.7%に達した。

さてそれではもっとその詳細を見てみましょう:心配させる1/2Million(50万)近辺の雇用が先月に瞬間、実質的に消えた。30年近くで最悪の巨大な雇用解雇で、経済大虐殺は今まで以上に広がり、国家は大恐慌以来の最高に厳しい時期に向かって突進した。

53万3千人の雇用減少から始めると、エコノミストは望みを抱いているよりは程遠い。リッセションが公式に始まった前年12月から、米経済は190万人の職を失った。そして失業者数の数は270万人増え、1030万人が現在では失業中である。

何人かのアナリストは2010年の春までの間に、更に300万人の職が失われると予測している。–そして一度は活発であった米経済は今四半期で驚くべき6%で後ろ向きによろめいている。

もし42万2千人がどの理由にせよ労働人口から大量の人間の脱出がなければ、失業率は7%に高飛びしていたことだろう。–その理由は、学校に戻る?退職した?又は、純然たる挫折から雇用探しをただ単にやめた。人々が職探しを止めると、それらは失業率の集計にには入れられない。

米国は、すでにリセッションに1年前に突入し、2010年の春まで抜け出せないかもしれない。1930年代の世界大恐慌以来の最長期景気後退になるだろうとエコノミストは言う。1970年中旬と1980年初期までのリセッションは16ヶ月間続いた。

失業率は1982年に10.8%まで上昇した。ひどいがそれはまだ大恐慌よりまだ程と遠い、その時は4人に一人の米国人が職を失った。

Depression(デプレッション):

Deflation(デフレーション)はすでに入り込んでいる、そして今ではもう一つの”D”単語を現実さを増してきている。これがデプレッション。この言葉を使う前に、この単語の定義を明らかにしなければいけない。議論するために、デプレッションは失業率が10%又はそれ以上と定義しましょう。

ある人は、失業率が1982年に10.8%で、大恐慌時に25%近く行った計測に注目している、他の人はデプレッションの定義にGDP10%下落を使うことを好む。

そして、他はデプレッションの定義はしていない。

米国はデプレッションに向かっているか?

今では、”R”の単語が公式に表向きに出てきて、”D”の単語はかなり離れている?

National Bureau of Economic Research,(全米経済研究所)-NBERは米経済の温度計の役割をする威厳のある機関で、月曜日に多くがすでに憶測していたことを確証した:私たちはリセッションに入っている、そしてすでに1年が過ぎた。

しかし経済危機が今年の秋に深入りし、アナリストと企業の重役たちは、デプレッションに向かっている可能性を高めた。一番直近の例として、水曜日に、クライスラーのトップの重役が議会に対して、主要米自動車メーカーの破たんはでプレッションの引き金を引くことになるだろうと証言していた。

もしそうでも、NBERはそれが起きても指揮をとって報道することは予測できないだろう。

『それはNBERがかかわりあっているビジネスの周期日付け審査ではないからである。』とNBERのスポークス・ウーマンは言う。

NBERのウェブ・サイトによると、『NBERはデプレッションを別々に識別しない、NBERのビジネス・サイクルは年代順に経済活動をピークから谷まで識別する。わたしたちは、そのピークと谷の間の期間をピークと収縮と言及する。そして、谷からピークまでの期間を拡大とする。』

失業率が10%をデプレッションと見るケースもあるが、重要なのは事実の前後関係である。以前に10%に達したことはあるが、今の計算方法は以前とは違う。テーブルA-12:

テーブルA-12からは実際の失業率が何であるかより正しいおおよその見当が付く。

公式の失業率は6.7%と発表されているが、もし職を探している全ての人間であきらめた分を含めると、パートタイムの人でフルタイムの職をほしがっている人、失業保険が切れ失業者からはずされた人、など。数字はU-6の列に標示されている。

U-6は12.5%。1年前は8.4%であった。U-6とU-3(公式失業率)は更に上昇する体制にある。

平等に見ると、すでに12.5%に達している。公式の数字が10%に達するころにはU-6の列の数字は15~17%に行くだろう。この水準を上回ったのは大恐慌の時だけだ。

広告