Obama公共事業計画:トリクルアップ政策

投稿者: whitegru3

トリクル政策:裕福な所得者が高い税金を支払い中流階級層を引き上げる事によって景気を促す、裕福な層が栄えるためには健全な中流階級層が必要であるという理論である。

NY Timesから:次期大統領Barack Obamaは日曜日に、50年前にインターステート・ハイウェイ・システムの開始以来、最大の公共事業建設プログラムを設立すると約束をした。Obama氏の発言は従来の中流階級層への事業計画の詳細を拡張する彼の野心を紹介していた、それにはインフラプロジェクトでの道路修理とグリーン職と呼ばれるエネルギー消費とグローバル・ウオーミング排出を削減する。

Obama氏の計画は法律が成立すれば、政府主導型の産業政策の一部となることだろう、それで議員と官僚が民間事業の中から勝者と敗者を選び、多額の納税者のお金をふんだんに提供する。かれは、広大なインフラ計画に記録的な資金を投資すると言っている。それには学校、上下水道、公共交通機関、配電網、ダム、とその他の公益事業が含まれる。グリーン職は様々な部類が含まれる、それらには代替燃料を作ることに専用する仕事、風車、ソーラー・パネル:エネルギー効率の良い家電製品の作成、又は燃費効率の良い暖房と冷房の設置が含まれる。

『われわれは、1950年代の連邦の高速道路システム作成以来単独最大の国家インフラ新規投資で数百万の職を作成する。』Obama氏は言う。彼はこの目的にどれだけ捧げるかは予測を出してはいないが、先週に全米の知事たちに会った時に、知事たちは資金が有効になれば、道路、橋、水道など他のプロジェクト$136Blnに値する仕事があると言っていた。それぞれ$10億ずつで最高4万人の雇用を作成できると言っている。

広告