カリフォルニア州は純営業損失の取り扱いを財務省に拒否する?

投稿者: whitegru3

奇妙だが重要な部類である。カリフォルニア立法府は試したが、最近の財務省監督する、買収された銀行の純営業損失を買収した銀行が使うことができる能力の制限を除外する事を有効に否定する条項を含む予算を通過させることに失敗した。その法の変更はWachoviaをまたいだすさまじいけんかで役に立ったと広く言われている。Wells Fargoは、この変更のおかげでCitigroupよりもっと魅力的なオファーを積み上げることができた。

そして、財務省の高官がこの変更を実施することは大変反論がある。結局は議会が税法をしきっている;財務省/IRS(国税庁)はただ単にそれを実行するだけである。連邦歳入を$140Bln減らす見通しの解釈はやや無理があるように思えるが。

最新の進展は、Wells Fragoが一部自らのわなに陥ってしまったかもしれないCharles Calderon議員によって提案された法案は、財務省の通告でこの管理上の変更と見られる問題を取り上げた:

企業税法、連邦所得税法に指定さえれて適合し、企業の再構成に関連しての積み上がった損失の使用にある程度の制限を課す。

この法案は、これらの制限に関して特定の連邦管理上通告はカリフォルニア州の法律の目的に適応しないことを明らかにする。

この法案は、緊急制定法としてすぐに有効になることを申告する。

他の州が歳入に飢えていることから、カリフォルニア州の先導に続くことだろう。

通常は、カリフォルニア州の課税所得を決定するために連邦所得税法についていく。しかし、財務省の行動はカリフォルニア州に対して少なくとも2009年に$300Mln、そして翌数年間で最高$2Blnの負担になると予測される、どれだけ数の銀行が合併するかによるが、カリフォルニア州の理事会は、財務省の通知についていくべきではない、それが法定権利なしで発行されているためである。

広告