ベンチャー・キャピタルの投資家は”キャピタル・コール”をデフォルトしている;プライベート・エクイティー投資家はただNOと言っている。

投稿者: whitegru3

さらにもう一つのクレジット・クランチの死傷者:ベンチャー・キャピタル社とそのポートフォリオ会社もであろう。WSJの記事にVC(ベンチャー・キャピタル)は拒絶の数が増えているように見られる、いくつかは信からの必要性、有限責任者に資金をねだるときに(プライベート・エクイティーとVCファンドの投資家はファンドを閉鎖する時に総額を支払わない、そのためこの”Capital Calls”がパートナー・シップ契約で考慮される。

ちなみにその記事には、事業に失敗したドットコム企業の時期にVCはキャピタル・コールに間に合わず苦しんだと書いてある。プライベートエクイティー社も同じである。PEファンドのファンドのパートナーは、そのころに、およそPEに誓約されていた資金のおよそ半分が裕福な投資化から、多くがWall Streetで、そして多くがキャピタル・コールに間に合っていなかった。

それから、これが以前の記事で、寄付基金がPEの所有権を売ると言う疑問に問いを掛け、たとえそれが大幅値引いた価格であろうとも。ある人はそれらがキャピタル・コールを逃れたいからであるとも言う。特にその金はほとんど確実に償還する負債に入れ替えられルカらである。(最近の契約のほとんどが短期資金調達の構成でなされておりかなりの分が今償還している、ちょうどジャンク・クレジットの金利が超高い水準にきている中)いくつかの知名の高い投資家は、Calpersのようなところ、キャピタル・コールに対して”ただ単に№”のアプローチを選択している。なぜ寄付基金は同じようなアプローチを取らないのか?寄付基金は不十分に現実的?

Financial Timesにはこの記事の反対側を書いている。すなわち、投資家はPE会社に集団で攻撃している、そしてPE社からもっと金を取得できると言う考えは忘れた方がいいと言っている。これはドットコム崩壊時のVCの経験に類似点がある、その時にファンドは事実上縮小すると言われ、それは投資家が、リセッション/Y2K後の下降時により多くの資金をテクノロジーに投資したくないと言った事からである。

FTから:世界最大の企業買収グループのいくつかは、Permiraは前例にない後援者をユーロ1.5Blnのオファーで見逃した後、誓約を削減使用とする現金に困っている投資家からの圧力を受けている。

それらの最大のリスクはファンドの悪い実績である。

....プライベート・エクイティーの上司は資金は10年分閉じ込めてあると長い間自慢してきた。

しかし、今では投資家は,以前は結束の固い誓約の条項を再交渉し圧迫を一層加えている。

しかし今日のプライベート・エクイティーファンドへの多くの投資家は買い手のストライキと同種の物を考えている。ほとんどの年金ファンド-多額の資金がプライベート・エクイティーへ、は資金の要求に見合わせるのには問題はないと言っている、寄付基金と財代法人基金は損失を被ったそしていくつかはもうすでに約束した小切手を書けなくなっている。

WSJから:年金ファンド、裕福な個人投資家、一度は懐の深い金融機関は今では、絶望的な情勢である。今年の市場の急落はある投資家にとってVCファンドに投資することを約束した資金を見つけるのにより難しくした。ファンドは通常、投資家から周期的な”Capital Calls”で資金を収集する。

10月に、Washington Mutual IncがFinancail Technology Ventures Fund IIIというファンドの$700,000のキャピタル・コールを逃した。9月末にWaMuは$30,000のキャピタル・コールをもう一つのファンドArch Venture Fund Vから払い損ねた。

デフォルトによりベンチャーキャピタル社をビジネスをスタート・アップさせ生き残らせる資金切れに追いやってしまう。

いくつかのVCは、デフォルトからの低迷は今回は長続きしそうであると不安である、それは懐の深い投資家が大変少ないからである。ハイテク・バブル崩壊期には、Storm Ventures、ベンチャー・キャピタル社(カリフォルニア州Menro Park)は企業への誓約に見合うことができない投資家に投資を売却することができた。その時は企業はまだ手元に現金が十分あった。

今では、だけど、全ての種類の投資家の中で広く苦悩が広まっている。とStormの取締役 Sanjay Subhedar氏は言う。

『可能性として、機関投資家の数多くがキャピタル・コールを守らないだろう。』とRogerscaseyのコンサルタントCynthia Steer女史は言う。それをすることで、法的取り決めを破ることになり、VCとPEファンド先例者として投資家を訴えるのは少ない、それは投資界の中で長期的関係を保持していかなければいけないからである。

広告