FT:『CDS市場はもうやめだ』

投稿者: whitegru3

CDSは前年に注目されたり、出たりしていた。この商品が引き続き存在すると言う仮定には衝撃を受けている。まともな使用方法を見つけるのに問題がある。理論的に、それらにより銀行は分散投資しクレジット・リスクをヘッジすることが許されるが、しかしリスクが適度の水準を超えたら、CDSの価格付けは債券を参照点としてみるより株式市場に注目する。それからリスク手法解析の正当性に疑いがあがる。そして昨年に、高い格付けのクレジット(まともな物、格付け会社の作り話の疑いがかけられているものではない)が資金調達コストをCashの債券とCDSの鞘取りのためにとっぴょうしもない高いすいじゅんに引き上げていた時期があった。追加でCDSの使用がクレジット・リスク査定の技能をくりぬき投機を膨らませている。

Institutional Risk AnalyticsにはCDSの継続して存在することに対しての討論が書かれていた、そして欧州の監督機関はその商品を強制的に段階的に縮小していくかもしれない。

欧州で3つの主要銀行機関、フランスで2つ、ドイツで一つが、それはかなりのCDSの露出があると聞く。そしてそのほかの問題で次の四半期を超えて予想される払い戻しの資金調達を始めることができない。

資金調達の引き締めは、伝えられるところによれば、ヘッジファンド市場の弱小プレーヤーの中での崩れかかったことにより悪化した。それらは一つのフランス系金融機関からローンを受け入れる習慣となっており、そこが馬鹿にもローンを株式に転換してしまった。今年の夏に、銀行がヘッジファンド投資$4Blnの償還に返済要求をかけた時、情報筋によると、$400Mlnだけが返済された。そしてフランス銀行は又おなじこれらのヘッジファンドと他を使用して自己のCDSの露出のいくらかを再保険をかけた。どこかで聞いた事がある話?そう、AIG。

AIGとJPM(ベアースターンズの救済を通じて)の救済するために取った財務長官PaulsonとGeithnerが取ったアプローチとは違っているが、投資家は、EUの高官が問題になっている3つの欧州の銀行によるCDSの支払いの一時停止を考えていると主張する。銀行はヘッジファンドの露出とそれらのCDSの評価損を計上するのに10年与えられるだろう、そしてそれぞれの政府から資金の追加注入を受け取ることだろう。情報筋によるとフランスの銀行はヘッジファンドとCDSの両方に大量の露出がある、あるときはお互いに関連していて、そのポジションはCDS支払いの停止なしではEU政府が救済できる能力を越えている。もしこの確証が取れていない報道が真実であれば、その時はCDS市場の結末の始まりjは手中に入って来ていること事がわかるだろう。

その場合には、世界中の他の政府がEUの分別のある模範に続くだろう、そのOTCデリバティブ市場は崩壊し、これらの一時借り入れ負債は十分Citi,JPM,AIGと他の中で清算、国営化を強制させるかもしれない。そしてその時には、Hank Paulson, Tim Geithner, Alan Greenspan, Ben Bernankeと他のFedの高官は議会と新しい大統領とグローバル金融社会にたくさんの弁解をすることになるだろう。

もう一度言ってみてください、Greenspan議長とBernanke議長、ただどうしてあなたはOTCデリバティブを取り扱うこと、特にCDSの契約はグローバル銀行機関にとって安全で健全な活動であるのですか?

Financial TimesのJohn Dizard氏はCDSのレーゾンデートル『存在理由』を調査する。

David Goldman氏、古い友達で前クレジット・ストラテジストが個人投資家に転換した、今でもディーラーからのクレジットの流れの用紙を目を通す。『ビジネスはブレジネフ時代のソビエトの肉屋の窓のようだ。カビの生えたくずがまどに掛けてある。年寄りの女性が4時AMに並びGmのクレジット保証を買おうとしている。取引として報告された何かは実際には監査員を満足させる価格を設立させる方法である。

数年間、CDS市場を改善するために考え込み、慎重に適度な行動を呼びかけていたうちの一人であった。

私は間違っていた。グローバル・クレジットスワップ市場はただ単に清算されるべきだ、契約は期限切れにさせ、仕掛け爆弾は取り除かれる。

基本的に、バック・オフィスの厄介になっていることがきれいに掃除されている間、これらのことがどうしてどうして必要なのかの疑問に残る。いらない。既存のCDSはお互いに相殺されるべきである。できる限り、そして残りは脱線させ又はデフォルトが起きれば払い戻されればいい。

CDS市場での現行の問題に取り組む3つの可能性ある防御がある:資本調達をしそのサポート、価格発見のための実用性、とリスク・マネージメントの道具としての役割。すべてが大変多くのLehmanの契約が焼却炉に消耗として投げ入れられた様に溶けてしまった。

資本調達を考えてみると、CDS市場保険の引き受け手は、対象となる事業又は借用者が賭けをしたものがデフォルトする可能性に対してのマージンにあてる現金を増やさなければいけない。これにより数百億の売却を導く。

または、銀行の場合は、新しく健全な貸付をサポートする資本は凍結されている、見込みあるデフォルトの長いラインの保険の買い手に払い戻すために待っている。

それらの買い手の幾人かは実際に債券の形でリスクを保持する;もっと多くが脇で賭けをしている。

そうしているうちに、

続く。。。

広告