商品市場スーパー・サイクルに疑問

投稿者: whitegru3

世間一般の通年では、商品価格の急落は投機のバブルがしぼんだ一部の現象で、差し引きしてそのひどい収縮の結果は今では全力を挙げている。状況がこれで一度改善すれば、基本資材は強い反発を好感するべきで、中国その他の新興国は成長の経路に戻る。大恐慌との比較も同様に励ましになる、商品市場は株式市場の前に反発したからである。

しかし、楽観的な実例は聞かれるより明らかではない。原油ブル派はよく急なコンタンゴを指摘する。これは先物価格がスポットより目に見えて高い現象(バックワーデーションはより通常の状態である。)トレーダーは今では、原油を買い、貯蔵し、フォワードして売ればリスク・フリーの収益の報いを受けられる。

それでは、前回こんなにコンタゴが急だったのはいつでしょうか?1998年、原油の価格が$10以下に下落した時である。歴史上、これだけ急なコンタンゴは供給過剰と一貫している。そして原油価格が1998年の安値から上昇していく間、年末に$12以下、1999年末に$16.50に達した。これは目覚しい回復と聞こえるが、それまでは1984年の末に原油はおよそ$29、1990年は$23で引け、1997年末は$18(それは1996年より安かった)。それは長ったらしく言うと、底値(それは今ではある人は$25を見ている)からの鋭い回復はありそうにない。

今日のFinancial Timesに世銀と米エネルギー省からの落ち込んだ原油需要のフォーキャストが書いてある。

グローバル原油需要は来年には崩れるだろうそして商品価格は今年の夏に達した高値には近い将来に戻らないだろうと2つの信頼できるレポートが火曜日に、長く厳しい前世界のリセッションの予測を出している。

米エネルギー省は、グローバル原油需要は今年下落するだろう、そして来年も、30年間で初めての2年連続の下落記録することになると言った。

それと同時に、世界銀行のGlobal Economic Prospects(グローバル経済見通し)レポートで、過去5年間の商品ブーム、価格を130%引き上げた、は終わりに来た。

世界銀行の商品ブームの分析は天然資源会社のなかでの一般的な考えとは著しく違う、そしてほとんどのWall Street のアナリストの進行中の価格下落は上昇トレンドの中での修正過程と見ている。

原油は翌3年以内に$75近辺に戻し、食品は2003年の水準より60%上回るが今年の高値のおよそ半値近辺に止まる。

『長期的に見て、抽出され商品価格は下げるべきである。』と世銀は言う。それに世界人口と所得の成長が衰え、原材料への需要は和らいでいく。

そのレポートの第一人著者、Andrew Burns氏は、企業が供給拡張プロジェクトを取り消し景気が回復する時、クレジット・クランチが価格上昇を引き起こすと言う考えは捨てた。

世銀は世界貿易-多くの発展途上国の成長の動力-は1982年以来初めて収縮するだろうと見ている。

世界銀行のレポートは重要である。なぜなら成長のフォーキャストの楽観的見方を取りすぎて失敗する傾向にある。

長めのFT記事で『さよなら、スーパー・サイクル』最新の商品市場の周期と過去を比べてある。そして新興市場の役割に注目している。

その業界自身の一般論、とほとんどのWall Streetのアナリストの中ではその市場は調整を経過している、しかしそのブームはまだ終了していない。

しかし、増えている少数派の中ではこの楽観的な見方には意見は一致しない。火曜日に発表されたレポートで、世銀は、商品市場のブームは終わりに来たと言う警告を積極的な発言を出した。天然資源会社の幾人かの重役は個人的に賛成する。

この議論のほとんどの提議者は、価格は1990年代の安値を十分上回ると見ているが、今年の夏の熱烈な水準に戻るとは予測していない。それはより遅い人口の伸びと所得の弱い成長率がグローバル成長と商品重要を翌20年間和らげるからである。

人口動態の変化はメリットに注目されていなかったが、追加で中国は来年から先に原油価格の下落を使ってエネルギー助成金を削減する意向を発表した。中国は人工的に燃料を安く作成することが製造業社と製品を燃料を効果的にしないことに気がついた。そして世界の水準に価格を近づける必要がある。

企業が投資プロジェクトを取りやめ、クレジット・クランチが未来の供給不足の引き金を引くと言う考えは取り下げた。どんな重要の増加も企業が生産高を削減している中で、最初は少しづつ現在積み上がった不活発な収容能力に吸収されなければいけない。

一方で、天然資源会社はある地域での供給下落を指摘している–北海の成熟した油田、又は南アフリカの古い金鉱–が需要が弱くても価格をサポートするだろう。しかし悲観論者は急速な需要の下落はそのシステムに十分の余分な容量を残すだろうと言う。

両方とも強い主張があるが、歴史上商品市場ブームはおよそ10年続くとある。調度原油価格が上昇してきた期間である。

悲観論者と楽観論者との意見の相違が何であろうと、翌12~24ヶ月には意見が一致する:商品市場は厳しいと言う見方である。

商品市場の主な違いは、新興国の近い将来の経済成長が今ではより悲観的であるという見方である。』とIMFのエコノミストThomas Helbling氏は言う。比較的高成長の新興国はより多くの燃料と他の基礎製品を先進国より消費する、インフラの設計と新しい形の消費、自動車から洗濯機、冷蔵庫を取り入れる。

世界銀行によると、中国経済は2009年に7.5%の伸びに鈍化すると見ている、1990年以来の弱い成長である。しかし幾人かのバンカーと鉱業の重役はもっと悲観的に見ている、ある分野の活動はすでに停止してしまったと言っている。

しかし投資家、重役とバンカーは同じように商品市場のブームと崩壊の周期は、今日の出来事から将来へ推定することは間違った賭けであると教えている。10年前この週に、原油価格は$9.64の安値をつけた時、従来の常識で商品価格は下落していくものであるとあった。今日のフォーキャストは同じように誤りを犯しがちであることが’証明できる。

過去のピーク時期:強度、期間、ブームであった領域

oil

過去5年間の商品価格の上昇は過去10年間でその規模、期間、広さにおいて一番目だった–燃料コスト、金属、食品全て上流に押さえれた。

2003年~2008年ブームの期間の長さも多くの人を驚かせた。1950年代と1970年代の急上昇は短かったが、第一次世界大戦と時には同じような長い期間の強さをもたらした。

しかし、その上昇の全体規模も目立っている。『直近のブームの商品価格の上昇の規模は前例がない』世界銀行の最新のレポートで発表。

実質価格-インフレ調整後-は2003年からUS$ベースで109%上昇、1999年の周期安値からは130%上昇した。

その反対に、早期のブームでは60%を越えたことはなった(世銀のデータによると)

原油価格の底値からピークで、価格は名目で1998年12月から今年の7月までで1415%上昇した。

広告