AIGがいつも手口で、又追加$10Blnの損失

投稿者: whitegru3

WSJの記事にいらいらさせるほど主要な詳細大雑把にAIGが更に損失を生み出した、もっと正確に言うと継続している損失が今になって明るみに出てきている。問題の金額は$10Bln,AIGがすでに政府から保証することができている$150Blnと比べれば少なく思えるが、

しかし、ここでもっと面白くなってくるのは、最初に$10Blnは異なったファシリティーによって提供されている$150Bln以外で、疑問はAIGはどうやってその金額に辿りついたのであるかということである。2つ目に、投機的なトレードから発生した損失、顧客ビジネスが失敗したのではなく、それがAIGが以前に損失を出したものである。そしてこれらの取引は今では悪名の高いCDS引き受け金融商品グループの中で起きた。

金融商品チームののリスク管理者は存在しないに等しい。発表されていた収益の規模には厳しい綿密な調査を導くべきである。そのような結果は通常はかなりのリスクをとったことの結果で、それがマーケット・リスクであるか評判のリスク(すなわち顧客から金を巻き上げていて、顧客が気づいて、追っかけてくる、Bankers’ Trustがしたように銀行を絶望的な崩壊に置いた。

WSJから:AIGはWall Streetの大手金融業者に投機的トレードに失敗しおよそ$10Bln貸しがある。

トレードの詳細はAIGが投資家に説明したより越え…AIGは、そのトレードは金融機関とカウンターパーティーにそれらの保有証券を保証することを助ける。

投機的なトレードは保険業社の金融商品部門で設計され、AIGが自己の資本でギャンブルしている最初の兆候を表している。

AIGの金融商品部門は、保守的な保険業者と言うよりもWall Streetのトレーディング会社のように運営されおり、リスクの低いと見られている有価証券のデフォルトに対して保険を売却しモーゲージ資産のプールと企業負債の方向感に投機的賭けをし$数十億の会社の金をリスクに置いた。

AIGの問題:会社に出された救済計画は大半がFedによって融資され、AIGによって書かれたおよそ$65Blnの問題のあるCDO証券を購入しAIGをそれらの契約から解放することにある。しかしAIGが損を出している投機ポジションを裏づけする実際の証券がない。その代わりにこの賭けはモーゲージ資産のプールと社債の実績に反映する、そしてAIGは今では自業自得で資金を調達し相手方に払い戻すことになっている、それもそれらの資産がかなりの価格下落をしているからである。

AIGの投機の賭けのいくつかはCDOのグループに関連している、それはGoldman Sachsによって作成された”Abacus”と呼ばれる。

Abacusの契約は投資ポートフォリオで、$何十億もの住宅モーゲージ債に連動しているデリバティブの価格を追跡記録するように設計されている。これらの保有の価値の賭けがどのような角度で総計されるのかは、AIGはもしそのモーゲージ債の価格が下落したらGoldamnに支払う契約をし、上がれば金を受け取る。

どれだけの道がGoldmanにつながるものがあるのであろうか?は面白い。

広告