終に、ある半公式の目が貿易融資難に向けられる。

投稿者: whitegru3

過去数ヶ月間に、断続的に国際貿易の下落の主役となっている貿易融資の取得(特に信用状)が困難になっていると指摘してきた。ほとんどの銀行にとって信用状はもうけが停滞している、小規模、中型の顧客を相手に(大手企業は既存のサプライ・チェーンと契約があり、オープン・オーダー・システムを使う)、この問題が潜在的重要性にもかかわらず驚くほどほとんど注目を受けていない。それから、このバック・オフィスビジネスの境界で、そしてそれに、金融システムの配管の一部で漏れ始めているのにほとんど注目を受けていない。

アトランタFedのMacroblogにこの問題について書いてある。(Galina Alexeenko氏とSandra Kollen女史による)

国際貿易はおよそ$14兆にも上る(WTO:世界貿易機関のデータ)。これらの取引の内90%がが貿易融資を必要とする。貿易関連のクレジットは主に銀行によって信用状を通じて発行される、その目的は輸出業者のために支払いを保護するためのものである。信用状は、ビジネスが支払いをすることを可能で輸出業者に支払いを保証することで出荷のための貨物を積み込ませることを許可することを証明する。通常の時の手順でも信用状の過程は更にもう一つの例で、どのようにして多数の金融仲介者の間で信頼が弱まるとカウンターパーティー・リスクと問題発生する可能性がる。

通常は、新興経済の輸出業者と輸入業者は貿易融資に大きく依存するため特に攻撃されやすく、そしてここ数週間にクレジットの価格が急上昇している。特に新興経済で。Bloombergのデータによると信用状のコストは輸入業者にとって中国、ブラジル、トルコで3倍になった、そしてパキスタン、アルゼンチン、バングラディシュでは2倍になっている。銀行は今ではいくつかの中国取引のクレジット保証の取引価格の1.5%を請求している。ある銀行が他の銀行からの信用状を受け入れることを拒否しているというレポートが入って、貨物が港で足止めされている。

これらの金融市場難は明らかにグローバル・メイン・ストリートに広がっている。バルチック海運指数、国際貿易の流れの間接的計測指数、は6月のピークから90%以上下落した、それはグローバル需要の減退だけではなく、利用できる融資。

広告