多くの自動車部品業者はもうすでに危機寸前

投稿者: whitegru3

GMとクライスラーは支払いを引き伸ばしている。そうすると多くの自動車部品業者はひどく資金繰りに困ってくる。そしてもし自動車部品メーカーがつぶれると、それはただデトロイト自動車メーカーだけではなく外国企業の会社にも影響する。

NY Timesから:議会でデトロイトの救済に承諾することに失敗し、GMとクライスラーが年末までに破産する確立が急速に増えた。

結果的に、自動車部品会社を通じての連鎖反応的な企業の問題についての仮説は実現化してくる。–自動車部品会社は自動車メーカーの2倍の雇用人数を持つ。

GMとクライスラーを例に取ると、それらの自動車部品会社にすでに納入された部品およそ総額$10Blnを借金する。GMはそれらの支払いを何週かも先送りしている、そしてクライスラーは少しずつ支払っている。しかしGMとクライスラーの資金不足はますますひどくなってきている。両社の重役と他の官僚のコメントから

多くの自動車部品業者は自己の破たんの瀬戸際でよちよち歩きをしている、そしてクレジットを延長できる余裕はぜんぜんない。

『自動車部品業者は続く代金の支払いなしでは今月を生き延びられるとは思わない。』Original Equipment Suppliers Associationの会長Neil De Koker氏は言う。

大手、小規模の部品会社が破たんし始めるとこの国の全ての自動車メーカーに行く部品の流れが妨害される。なぜなら部品業社は通常米国に工場を持つ米系と海外ブランドの両方に商品を売るからである。

『トヨタ、ホンダ、そして日産にも打撃を受けることは間違いない』自動車コンサルティング社Casesa Shapiro GroupのJohn Casesa氏は言う。

『多くの小規模部品業者は単に破産し(清算)なぜならそれらはChapter 11破たんの再編成する資源がないからである。ただ単に消えていく。』

11月中旬にFordのCEO Alan R. Mulallyが自動車業界救済の議会証言に最初の段階で不吉なシーンを打ち出していた。

『もしわれわれの国内競争相手が破たんを申請するならば、Fordの生産オペレーションへの影響は数日の内に感じられるだろう、もし数時間でなければ、』とMulally氏は言う。

ここ数年の間に、部品会社はたびたび問題ある自動車メーカーを苦難な時期を越えていくために支払い期間を延長することで援助することができてきた。

しかし、De Koker氏の推測では、何百もの部品会社はそのような柔軟性がない。彼らは凍結しているクレジット市場から資金を借りることができない。そして最初にすでに出荷した部品の支払いを受けるまでは原材料を購入することはできない。

Big3、海外競争相手を含め、がほとんどの人が自動者業界全体を構成すると思っている。しかし自動車製造業者はただピラミッドのトップである。

GMとFordとクライスラーは全米で23万9千人雇用し、米国の3000ぐらいの自動車部品業者は60万人を雇う。

Big3のように、ほとんどの大手部品業者は経営を大幅にリストラし新車への重要が縮小するのに見合うようにしている。

『ほとんどの自動車部品業者の賃金は安い;大きな年金もない。』Dura AutomotiveのCEO Timothy Leuliette氏は言う。『全てこれによって影響される人は普通の人である。Wahingtonは自動車業界において近眼的な見方がある。彼らはただBIG3のことを考えて私たちのことを考えていない。』

部品業者は一台の車に入る1万5千部品のほとんどを作る。車の70%以上の価値である。椅子から胴体、電子機器からバンパー、は部品会社によって自動車メーカーに販売される。

2004年から、自動車部品労働人口78万3千人から23%下落した。Original Equipment Suppliers Associationのデータから

広告