GMは可能性ある破たん申請のためにアドバイザーを雇う。

投稿者: whitegru3

WSJの記事にGMは破たん弁護士のチームを雇い、これは一部政治的な動きであると重視し、トップ米自動車メーカーは本当は限界にあることを強調する。

ほとんどの観測者はもし議会が救済法案を認可することに失敗すると、財務省がTARP資金を使って生命線を提供すると予測しているが、しかし計画が発足するのに時間が長引けば、もっとGMの状況が悪化する。

WSJから:General Motors Corpは弁護士と銀行家を雇い破たん保護を申請すべきか考えているとこの件に詳しい人々が言う。

採用は実用的と政治的傾向を持つ。このような大きなケースは通常弁護士と銀行家ぬ数ヶ月の準備がかかる。それは又、自動車メーカーが議会に$14Blnの救済パッケージを請願し、絶望感の高まりを協調する。

GM CEOのRick Wagoner氏は破たんを公然に採用する事には気乗りしていなく、見込みある客を追い払ってしまうと恐れている。追加で、Chapter 11申請を融資するコストは非常に高くきつめのクレジット市場では難しい。

Wagoner氏は『まだ会社が申請できないし、するべきではないと信じている』が、しかし過去数週間に外部のアドバイザーを採用するkとに決意したと関係者は言う。

GMとそのディーラーは今週末に会議を開き、GMの健全さの不安の中新しい広告キャンペーンに乗り出す話し合いをする。GMは更に、Saturn部門の計画についても話し合い、それは閉められるかもしれない。一つの選択、その部門を破たん保護に置く、法的に別の事業体にする。

一つの持ち合っている不安では、救済でも、GMは債権者から強制的に保護を申請させられるかもしれない。GMの重役は、部品業者がクレジット条項を引き締めることを恐れている、そして政府がすばやくそのローンを呼び戻すことができる。

広告