再建企業向け融資(DIP)の不足に早期破たん申請を強制する

投稿者: whitegru3

より普段の状況下では、企業が破たんのリスクに面するが生存可能のあるビジネスがあると信じていれば、Chapter 11の申請をするそして様々な債権者と交渉をする。機能を維持するために(そして弁護士費を払い)、法的審理が進行している間に、大手企業は再建企業向け融資(DIP)の手段をとった。DIP融資は既存の債務より上位にある、そして通常リスクが低く、高いリターンの儲け仕事(それが両方である理由はこのビジネスには相当の熟練作業が要される、有形資産の貸付の種類が確実にされる必要がある、それがもし強制的に清算されるまたはDIPが払いも戻されるかにしても)

その銀行に対しての魅力さにもかかわらず、DIP融資は厳しい冬に入ってしまった。提供者最大手の一つ、GEはその市場から手を引いている。多くは、DIPゆうしの不足により、多くの企業がChapter 11に入れずその代わりに清算することになり、以前の下降期より多くの雇用減少を導く。

ロイターの記事に過程の適応で異なった方法を指摘している:企業は実際に破たんする前に破たん申請している、まだ現場に資金が残っていてChapter 11のリストラを完了することができることを望んでいる。その記事には銀行はこの手段で(特に担保付融資で)DIPでない融資の制限を延長してもかまわないと。しかしモーガン・スタンレーのレポートによるとこの適応は、理想的な解決策は意外と少ない、そして、言わず語らずのうちに、多くの企業はそれで助けを借りることができない。

ロイターから:新聞社Tribune Coの破たんとNortel Networks Corpによる可能性ある申請は、破たんでのローンを取得するのが難しくなってきていることを反映する、それが要因で企業に保護のために先制して申請するように引き起こす。とモーガンスタンレーは言う。

TrubuneはChapter 11保護を申請した……DIP融資を確保する代わりに、それが従来は企業に資金を調達させ破たん時に最編成するが、会社はBarclays Capitalと代わりとなる資金調達契約に達した。

これには$50Mlnの信用状と7月にBarclaysと結んだ$300Mlnの取引信用設備を継続して使用することが含まれている。それには$225Mlnの残高がこの設備に残っている。

『Tribuneの申請が語っているのは、そして何が私たちを不安にさせているかは、DIP融資の拘束がそのサイクルが更けていくにつれただ悪化していくだけである。』とモーガンスタンレーのアナリストは金曜日にレポートを発表した。

『挑戦的なDIP融資の環境下での一番の証拠となっていることは、多額の現金を持っている企業が先制の破たんを考えていることであることで(Nortelがその良い例)、ということはDIPなしの破たん背景で機能を継続していくということである。』とモーガンスタンレーは付け加えた。

最近の企業のその会社の資産に対して保証されたローン取り出すことの人気がDIPローンを確保することを複雑にしている。企業がローンに足して誓約する邪魔を取り除いた資産がより少なくなってきている。

『これは過去数年間でのレバレージローンと証券化の急増の意図しない結果飲もう非膣の例である。』

破たん手続きは以前より論争が起きやすくなってきているのも、企業貸付機関が銀行を避けてヘッジファンドと投資家に移ってきている。

『破たんに向かっている債券の保持者は歴史上で比較して、このサイクルでは随分違ってきている。』

ヘッジファンドとCollateralised Loan Obligations (CLOs)の進入が推測を形づけ、破たん手続きが過去に商業銀行の担当グループを巻き込んだクラブ的な民主的交渉と比べて論争が起き易くなって行くだろう。』

モーガンスタンレーのヘッジファンドの特徴付けは上品過ぎる。銀行債権者はプロで、彼らは契約が契約なしよりは良いことは理解している。そして、経験からそのこうせいがどれだけ一押しできるか知っている、大変短い期間の方向性と(通常は)公正な契約には興味がない、しかしほとんど自分たちのために保証する。そのような連中が多すぎるととげとげしい故障の結果となる、そして承諾に失敗、それが通常はいちばん悪い結末になる。

広告