Dick Fuldはすでに戻ってくる計画をたてている

投稿者: whitegru3

最新の一つのニュースで、Fuldが金融ビジネスに再進入する計画をたてている。

Fuldは寛大かもしれないが、彼は弱いものいじめすることを好むように見えた、特にLehmanの中では、そして身近な人が悪癖や犯罪などに染まっていくのを黙認ないしは放置している人である彼の周りにやる気のあるタイプを控えていた。(それは、彼らがFuldの現実のゆがみに巻き込まれてしまったのか、それともただ単に、正確に彼を裏切ることにためらっていたのかは明らかではない。)

09_richardfuld_lg

しかし、Fuldは彼が末期の資金調達の選択のいくつかの事項においてLehmanを破たんさせたことを承認することを反抗的で、彼は新しい仕事にすぐに取り掛かり、彼のイメージを社会復帰させる努力と時間は費やさなくてと推測している。ほんのわずか自己中心主義が人よりある誰かだけが、彼がそんなに早く戻ってこれると思うだろう。既決重罪犯Mike Milkenでさえ、彼は検事Rudy Guilaniによって不公平に標的にされたと思っている大勢のファンがいる。それでも、Milkenはかなりの多くの時間とエネルギーを慈善活動に費やし彼のイメージを改善しようとした。

PUTS UP 600 MILLION DOLLARS31_giuliani_lg

John Gutfreund、ただ単に一つの巨大な判断を誤り(Treasuryの入札でいかさまをしたトレーダーについてFedに連絡をするのに5週間待った)、は彼の以前のイメージを改善するのに近くにもついにいかなかった。Charles Sanford、一度は世に知られたBankers’ Trustの社長はどこかに消えてしまったようである。Marcel Ospel、Swiss Bank, そしてUBSを民間の銀行と足取りの重い国際金融機関から、崖っぷちから飛び降りる前に向こう見ずのグローバル投資銀行のリーダー格にした。彼もすぐには金融市場への返り咲きはすぐにできるとは思っていないだろう。

c9746e4ff2693c57c0139dsanfordUBS/

Financial Timesから:Dick Fuld、前LehmanのCEOは復帰を計画している。そして友人にLehmanの破たんが一段落したら米企業の彼のコンタクトを利用して小規模の諮問会社を発足させるかもしれないと言った。

その状況に身近な人間は、Fuldの計画は確固でもすぐでもないと言った。それはLehmanからの法律上と政治上の結果がまだ繰り出されているからである。

10月に、Fuldと他のLehmanの重役は連邦捜査官から、管理職が公共を銀行の財政状況に関して9月の崩壊前に間違った方向に導いたかにかんして召喚状を受け取った。

Fuld、62歳はLehmanで15年間圧政を敷く、は前同僚と顧客に退職する意向はないといった。彼はWall Streetと実業界での長い経験はまだ企業と最高責任者として有益であると主張した。

この状況に身近な人間は、Fuldが考えている一つの選択として小規模の諮問子会社を設立し戦略と財政問題で助けをする。

幾人かのWall Streetの人物は、Fuldが最高責任者たちを説得させアドバイスに彼を雇うことは疑問がある。Fuldは彼のLehmanでの財産管理の職務について政治家と投資家から強く批判された後でもあるし。

広告