SECは通常の綿密な調査をMadoffヘッジファンドで省略した

投稿者: whitegru3

それではどうやってMadoffが$50Blの詐欺から逃亡したのだろうか?時間が来ればそれがいつそしてどのようにして始まったか伝えてくれるだろう。Madoffは損失を計上することには気が進まなかったのかもしれない、そして(最初に)彼が’うそをつけば、もし問題を避けてトレードすれば誰も被害は受けないと推測した。しかし彼の奇妙なリターンでは、最初からそれは偽者だったかのであろうか。

重要なことは、Madoffの会社が自己のトレードを執行していた。不快な第3者の記録が顧客の口座収支報告書に枝分かれしている物は見られなかった。

しかしもう一つの驚きが本日明るみに出てきた:SEC、その協定に従って、2007年末そして崩壊前にMadoffねずみ講を調査すべきであった。なぜ?明らかに、Madoffの業界での知名度の高さによる。

とくに奇妙なことは(もし推測が正しければ)、Madoffは登録された地位を保持していた、と言うことはSECがある時点で彼のオフィスを訪れるだろうということで、予測すると彼は2006年に登録をしなぜならその時にSECが$25Mln以上の資産運用のヘッジファンドでを登録させることを促進進行中であったからである。いくつかは投資家に2年以上の監禁することを承諾させることで避けられた(それらは違った部門に分類された)。しかし登録要請は、ヘッジファンドマネージャーが訴えに成功したら無効になった、SECが “Investment Advisers Act of 1940″法下で法的権利を誤って使ったと主張して。ほとんどのヘッジファンドはその時登録から取り除かれ;どういった理由か、Madoffは取り除かれなかった。彼はSECをはったりでごまかせる人間なのか、又は死の願望があった?(Madoff投資運用はヘッジファンドと考慮されていたはず、でなければ随分前に投資アドバイザーとして登録されているべきであった。)

いずれにしても、その特定の最後の審判のひはまだ過ぎていない。

前Madoff社の職員は、いろんな方面で非常に驚かされ、他のみんなも詐欺のことで。その会社は他の部門のビジネスで規則に従う事を重視して、どちらかと言えば、熱心すぎた。思い出せば市場の目に見えるそのぴかぴかの活動が役立つカバーとして役目を果たしていた。

しかしその前職員は、その時でさえ、ある項目のつじつまが合わなかったと言った、その会社の残りが投資運用部門から別の階に置かれていたことでも、彼らは深くそれのことを考えていなかった。

1. リターンが良すぎた、一貫しすぎていた。『それはBernieが天才か詐欺師のどちらかであると言う意味である。』Bernieは革新者で純粋に(見かけは)本当に良い人で、彼が’悪党と見るのは難しい。

2.投資部門の運営タイプはかなりはるかに払いすぎ(給与明細を見た人が言う)そしてあまり頭が良くなく、あまり良くない。多くが関係している(言い換えれば、家族メンバー、しかし、Madoffの家族ではない)

3.投資部門は特に機密でそのストラテジーに関してのリターンはつじつまが合わない。

前職員はMadoffの家族は何も知らずで詐欺のかたわれではないことは確かであると言う。

Bloombergから:Bernard Madoffの投資諮問ビジネスは、ねずみ講の疑いがかかっている、が投資家に$50Blnの被害を被り、2年前に監査の対象なった後も米監督機関には一度も調査されたことがなった。

SECはMadoffの帳簿を2006年9月にその部門をSECに登録して以来調べられていないと2人が言うが名前を出さない様にと頼んだ。なぜならその再調査が正式でないからである。SECはアドバイザーを少なくとも5年に一度は調査する試みであるそして最初の年に新たに登録された企業には綿密に調べると前庁の役員と証券弁護士は言った。

『SECが主張するその詐欺の規模から、これは調査が何もされないことを望むものである。』ミシシッピ大学法学教授Mercer Bullardは言う。『この規模とされている詐欺が重要な広範囲にわたる問題を伴っていないのは想像しがたい。』

10年以上も前に、1992年に、Madoffは規制調査に面した。訴訟の一部でSECが2人のフロリダ会計士に対して持ち上げた。それは無登録の証券を30年間に渡り売り$441Mln を調達したことで告訴された。

Madoffはその時にWSJに、彼らが違法に集めたファンドを気付かづ運用したと言った。SECは、投資家のお金は全て責任を取り彼は悪い事はしていないと決議した。

このような巨大なねずみ講–早期の投資家はそれに続く犠牲者から調達した資金によって支払われる–は国会議員に米国がブローカレッジ、ウエルス・マネージメント、ヘッジファンドのような無登録アドバイザーがどのようにして規制されているか再検討することを促進すべきである。とDuke大学の教授James Coxは言う。

前SECの投資マネージメント部所長をしていたBarry Barbashは、SECは巨額のリスクを課すマネーマネジャーの調査に注目していた。監査員はどんな証券を企業が買っているか、誰が顧客であるかなどの基準を使う。

『SECの資源の状態と彼らが調査が必要であるか決定する方法を見ても、新たに登録された企業が調査されていないのは驚きではない。』

Madoffについてのどんな疑惑もくじかれた。なぜなら彼の業界グループ、監視人、政治家たちとの組合があるからである。

彼は大学教授、監督員、重役で2000年に前SEC会長Arthur Levittによって形成された委員会に座って機関に電子トレードの成長に答えて新しい株式市場規制をアドバイスしていた。Madoffはトレーディング委員会をSecurities Industry Association(証券業者協会)で先導し、Nasdaq株式市場の会長として役割をした。

2000年以来、少なくともDemocratic Senatorial Campaign Committeeに$10万と党の候補者に$2万3千以上を寄付した。それにはNY上院議員Charles Schumer、NJ上院議員Frank Lautenbergが含まれ、LautenbegはMadoffによって投資された事前団体を指導した。

『われわれの時期で最悪の詐欺となることを認めることにおいて人々は見ない不利をしている』LevittはBloombergテレビでのインタビューに答える『私は彼を35年間知っている。完全に驚いた。』

広告