州は失業保険資金がなくなってきてる

投稿者: whitegru3

これは正直に良くない、特に失業保険の延長は経済刺激の推奨されるメカニズムの一つであるから(他の方法で市民に金を提供するのとは違って、このメカニズムはほとんど全てが使い果たすように導かれる、それがその手段の目的である。)

今では、その小切手が継続してくるよう確実にする方法を探さなければいけない。しかしこの経済下降に入りまだ日が浅い。(NBERはそれは1年前と札を付けたいるが)失業者は確実にもっと増える、そして2010年に入ってもその上昇した水準は引き継ぐ確立はまともにある。

よってこれはもう一つの指標で共同財政がどれだけ負担がかかっているかである、今回は州政府である。

NY Timesから:失業保険申請者件数が過去10年間で最高水準にまで上り、州政府は保険を支払う金が底を突いてきている。それである州は連邦政府からのローンを申請し又はビジネスの増税をして支払いまかなっている。

30州がよく数ヶ月で失業保険を支払う資金が破産するリスクがある。とNational Association of State Workforce Agenciesは言う。2つの州、インディアナとミシガンはすで干上がってしまった。そして両方の州は連邦政府から失業者に支払いをするために連邦政府から借りている。

『この早期雇用下降期にローンが必要になるとは予測しない。』 National Employment Law Projectの副理事Andrew Stettnerは言った。『州は、たとえ十分準備ができてなくても、貯蓄を貯めておくべきである。』

労働省は先週新規失業保険申請者件数は57万3千人に増えたと報道。これは1982年11月以来の高水準となった。州は少なくとも1年分のピーク時の保険金を信用に保持しておくことが勧められている。しかし多くはそうしてなく、すでにある州は他の州と比べ相当悪い。

その状況が州を、多くは巨額の赤字に面してもっときつめに締めている。より多くの人が職を失い、保険が支払われる収益の基が収縮し失業保険を支払うことが困難になる。その負担に加えて、州は最終的に借りた金を返さなければいけない。

足りなくなった州は選択として連邦政府から借りることがあるが、もしローンが連邦の財政年度に払いも出されなければ、4.7%の利子が課される。それが州の一般会計に食い込んでくる。

多くのケースは、州は失業保険税を人為的に低く保つ–又はある例ではそれらを下げている–今では’それが最悪の苦境となる。インディアナ州議会議員は、例で、2001年にビジネスの税率を25%削減した。

そのバランスを再調整するために、いくかの州はビジネスの税金を引き上げた–通常は資金水準が危なくなると自動的に増加する引き金を引く–その失業保険の小切手流れを安定させるために。

『多くの州は何年も税金を上げていない』National Association of State Budget Officersの取締役Scott Pattisonは言う。『ある州は自動引き金がある。しかしそれでもちろん、ビジネスが”あら!この厳しい時それにリッセションでもあるのに私の税金を引き上げたということになる。』

それでも、ある人は金を越えた水準で物を考えている。

『財政圧迫の時期に全ての割増料金は心配である。』ロードアイランド州大手ヘルス・ケアシステム LifespanのスポークスウーマンLinda Shelton言った。『しかし私たちを心配させることがもっとある。私たちはロードアイランド州の財政危機について心配している。失業車の増加について、ヘルス・ケアの保険を持っていない、継続して保険の削減について。』

広告