欧州自動車メーカーはGM/クライスラーを破たんさせるという仮定にに異議を唱える

投稿者: whitegru3

GMと/又はクライスラーをChapter 11申請させる支持者たちはよく確信ある仮定に黙示的、又は明白に置かせている。基本的概念でChapter 11がもたらすものは少ない、少なくともそれ以上のものは無い、救済資金調達と自動車業界の規模縮小とのいくつかの組み合わせよりも経済的損害。

今では米自動車メーカーの将来はほとんどの人が受け入れる準備をしているよりもっと暗くなるだろうと仮定することを認める。

GMの分析:実験としてだが、GMの11月の自動車販売を見てみて、どのモデルが救うのに価値があるか(言い換えると、売り上げが今年にまだ急落していない。)

乗用車:

Cadilliac CTS
Chevy Cobalt
Pontiac G6
Pontiac Vibe
Saturn Aura
Chevy Malibu

2008-cadillac-cts-coupe-concept2005-chevrolet-cobalt-frontpontiac-gxp-at-naias-2007

2009 Pontiac Vibe GTsaturn-aura-greenline2008_chevrolet_malibu1

軽トラック:

Buick Enclave
Chevy HHR
GMC Acadia
Saturn VUE

_buick-enclave-concept-106_chevy_hhr_exfrdrvr34_22007-gmc-acadia_thumb12007 Saturn Vue Green Line Hybrid

Silverado/Sierraは売れ行き悪いが、米国で一番販売高が高いので含めた方がいい。

chevrolet_silverado_172sierra

これらのほとんどが米国内で生産、Vueはメキシコで作られている、VIBEはトヨタとの共同米国生産、HHR(メキシコ)とSilverado(いくつかはカナダ産)

これを基に、次のGM工場が生き残れるだろう。

LANS GRD RIVER
LORDSTOWN
ORION
Fairfax
Numi

Flint
Ft. Wayne
Lans Delta
Pontiac

カナダ:Oshwa

メキシコ:Ramos Arizpe

じっと見つめると、GMは米国での工場を3/4閉鎖すると予測できる。

そうすると自動車部品業者とカーディーラーへの衝撃はかなり大きい

ピックアップ・トラックを除いたら、もっと悪くなる。

これが第一級の概算である。金融界で数人が、GMは生産の3/4を閉鎖するだろうという概念に決め付けていると言うひそかな疑いがある。

その背景で、Chapter 11の提案者は可能性ある上限に注目する、主にUAWの契約を破棄することだが、それにディーラーとの契約と(理論的に)債券保有者を強引に押し付ける。しかしその反対側は会社が破たんを申請するとその過程はやり直しがきかない。そして思った様に状況が’展開しないと、元には戻れない。

Chapter 11の支持者の主な推測として:

Chapter 11が清算に姿を変えるというより、自動車メーカーはやせた状態で姿を現す。

中心核でない、外国オペレーションが売却される

米国y自動車業界への他の参加者、米国での外国移住工場など、はほとんど、全く被害を受けない

問題は、欧州自動車製造業が競争相手の一部又は完全抹殺をうれしく思うべきであるが、その代わりにBig 3への損害が自分たちへも被害を与えると大変心配している。

NY Timesから:

ドイツCenter for Automotive Researchの取締役Ferdinand Dudenhöfferは、米国自動車部品業界に及ぼす可能性あるGMの崩壊の間接的影響はひどくなるだろうと警告をした。さらに付け加えて、米国内のドイツ製造業社、メルセデスとBayerische Motoren Werke(BMW車のメーカー)は米国部品業者だけでなくグローバルで考え直さなければいけなくなる。

『勝ち組はいない、負け組みだけだ。』『これは全世界で大混乱を招くだろう。』

GMとFordは両方とも昨年と2008年上半期欧州で収益を上げている。しかしどちらの欧州オペレーションのみでは生き残ってはいけない。エコノミストGraeme Maxtonは言う。

『それらはある種の親会社が必要』

他の自動車メーカーはその役目をすることには気が進まない、欧州大手のRenault, Fiat, Daimlerでの売り上げが不振であるため。

きつめのクレジット市場もどんな大きな規約を阻止してしまう。

『2人のおぼれそうな人を合わせても、うまい泳ぐ人は作れない。』

思い出すと、自動車メーカーの破たんが自動車部品業者にとって問題であるのは、それらが無担保債券者であるから。そして支払いはChapter 11 no過程が終了するまでされない、それで、一つの分析からは2010末までは支払いは持ち越されるとある。たとえ特別な設備で自動車部品業者に生命線をつなげることが考案されても、それはもっと納税者が負担するコストとなりChapter 11のシナリオを複雑にする。

そして、現在は自動車ブランド又は製造業オペレーションを売り払うのには良い時期ではない。他の大手自動車メーカーも全て自己の生き残りの心配を抱えている。

とはいっても、いくつかの選択は考慮中である。

Dudenhöffer氏はオペルのイメージ、GMのドイツ子会社、はドイツ消費者の中で苦しんでいる、それは破たんの憶測からと部品業者が話が継続していくと神経質になっていく。

これから、多くのアナリストたちはもしGMが破たん保護を探すとなるとオペルが単独で生き残れるか懐疑的であると言う。GMの海外ビジネス全体を結合するという実行できる解決策もあり、それは年間300万~400万台の車を生産する。

広告