貿易の衰えがもっと見られてきている:シンガポールでのコンテナ交通量減る

投稿者: whitegru3

貿易と製造業はさまざまな政府の刺激策を好感して回復していくだろうと言う希望を基に、商品価格は直近の安値から反発しているが、レポーとによると引き続き貨物輸送高の悪化、又は最高でも低迷が報告されている。

その最新の目撃は、コンテナ交通量、Fianancail Timesからでコンテナはバルク・キャリヤー(ばら積み貨物船)より付加価値の高い商品を運ぶ。そしてシンガポールは11月に下落を見せたが、今年初期からこの時点までの量は前年と比べ健全な水準にある。

シンガポール、世界最大のコンテナ港湾、はアジアの輸送業界に影響したグローバル輸出の劣化のため、2001年以来処理量の交通が始めて下落した。

コンテナ交通量は11月に前年比で1.5%縮小した月次の交通量は7月以来劣れている。それでも総合貨物輸送は11月に前年比で9%増加し27.8mTEUsとなった。

エコノミストは、コンテナの交通量は少なくとも2009年の中旬まで下降していくだろうと見ている、その都市国家が輸出に大きく依存して、グローバル・リセッションで影響されたアジア諸国の中でも最悪になると予想されている。

広告