量的緩和への恐怖

投稿者: whitegru3

Fedが正式な量的緩和へ動きを昨日見せた、そして金利とクレジット・スプレッドがこの先下がるまで積極的に行くと言った。

Federal Reserveは維持できる経済成長の回復と価格安定の保持を促進するた目にはすべてのできる限りの手段を利用する…

この先政策委員会の注目は金融市場が機能するサポートと市場公開捜査とFedのバランス・シートを高い水準に維持する他の手段を通じての景気刺激する。前回発表したように、翌数四半期においてFedはモーゲージ・住宅市場を支えるため多額のエイジェンシー債とモーゲージ・バック証券を購入する準備をしている、そして状況次第ではエイジェンシーとモーゲージバック証券の購入を拡大する容易はできている。委員会は更に長期Treasury債購入の潜在的利益を査定している。来年の初期、Fedは更に一般世帯と小規模ビジネスへのクレジットを延長を促進するためにTerm Asset-Backed Securities Loan Facilityを実施する。Fedはこの先のクレジット市場と経済活動を支持するためそのバランス・シートを使い方法を継続して考慮していく。

何か悪い予感がするのは私だけでしょうか?この動きは破れかぶれになっている兆候である。そしてそれがすごい規模なので、もしうまくことが運ばなければ、ものすごい困難な影響を含む状況となる。

世間一般の見方がFinancial Timesの記事にあった。Fedの極端な手段が言うまでもなく広がっていく、しかしかなりのインフレのリスクで:

中銀はもうすぐデフレーションに対抗する最強の武器をを使う:印刷機とヘリコプターから金の投下。Fed議長Ben Bernankeが長い間準備した時が来た。この武器が成功する?疑いなく、YES:容赦なく使われ、それがデフレーションを取り除く。しかし通常ににそれ以降に戻ることは程遠く理解しがたい。

それでインフレーションが持ってくると、中銀は市場に向けて資産を売却する必要が出てくる、デフレーションに戦うために作成された余分な金を吸い取るために。同じように、政府は赤字をしじょうで融資できる規模に縮小させなければいけない。それでなければデフレーション期待が急速にターゲットを超えるインフレーションの期待に変わってしまう。これは又その過剰マネーを消毒するために発行された負債が政府の地峡で切る能力を超えて権利放棄された時に起こる。

信頼ある通貨のない国はこの段階に早く達する。中銀が量的緩和のヒントを出すとすぐに、通貨への戦いが後に続いて起きる。

WSJに追加でFOMC後の記者会見からの詳細が書かれていた:

しかしシニアFed高官は、中銀のアプローチは量的緩和から独特である、そして日本がしたものとは違いがある。Fedのバランス・シートは2面ある、高官は説明をする:Fedが保有する有価証券と資産(ローン、クレジット・ファシリティー、モーゲージバック証券を含む)と負債(現金と銀行準備金)。日本の量的緩和プログラムは負債の側に注目を置いた、システムの現金と過剰の積み立て金を多額の金額で拡大させた。Fedの注目は資産の側、モーゲージバック証券、エイジェンシー債、コマーシャル・ペーパープログラム、ローン入札と海外中銀とのスワップである。これはクレジットしじょうが機能することを改善するために設計された。ローンをすることでバランス・シートを拡大することによって、その注目は過剰積み立て金ではないが資産の側である。その証券貸付の手段は直接クレジット・スプレットに影響する、それが今日の問題である。前の日本と違い、そこでの問題は一般に金利水準であった。

励みにならないのは、Fedはすでにこの方向に大規模な手段をとっている、アルファベットスープ・ファシリティーの作成を通じて、そしてその結果は失望的である。その結果は限度があり長いこと続かない(クレジット危機の一連のひどい段階を考えると)さて明らかに、年末のスクィーズはありそうに無いが、それは勝利の分野になるが、FedはそれにTAFファシリティーを巨額の規模に拡大させた。A1/P1コマーシャル・ペーパーもかなりうまく機能しているけど、Fedによってサポートされていない種類のものはまだ脅迫されている。

Bloombergの記事にはこれまでの進展には限界があると書いてあった。

クレジット市場を流動化させる全ての努力でも、Fedと財務省は18ヶ月間の凍結に終わりを見せる兆しが無い、前例の無い銀行と米国政府が金を借りるために払うスプレッドによって証拠づけられている。

LIBOR、銀行が3ヶ月ローンをお互いに貸すために課すレートとT-Billレートの差は2207年6月に市場が凍結して動かなくなる前の6倍の広さである。そのTEDスプレッドが10月の4.64%から昨日の1.82%に縮小しても、今から数ヶ月金を借りるための契約は投資家に貸付が少なくとも2009年下半期までは回復しない予測を見せている。

『クレジット市場の完全評価をとるなら、状況は最悪時からは確かに緩和したが、まだ並外れてきつめである、それは通常から程遠い。』とMKM Partners LPのエコノミストMichael Dardaは言う。『短期資金調達スプレッドは歴史上の通常からはまだ大変広い。民間セクターからの巨額の撤退がある。』

幾人かの専門家は、新しいプログラムが6ヶ月間助けとなる、なぜかの説明はなしに。

広告