良い兆候ではない:CerberusがクライスラーとGMの合併を再開する

投稿者: whitegru3

水曜日に財務省がBig 3の救済案を明かすと言う噂があった。水曜日が来て発表が無しで去っていった。

昨夜、WSJによると、CerberusがクライスラーとGMの合併の話を持ち返した。その契約の話は救済パッケージを設計するお試みを非常に複雑にするようだ。(もしPaulsonがおのおののデトロイトの自動車メーカーへの契約に近づいているとしたら、保留の取引の企画はお偉い方にどのように、GMとクライスラー別々に提供するものが合併したら変わるか再検討させなければいけない。大変短い期間の間に資金注入が必要だといった2社にとっての遅れの要因を紹介する。

それはそれで、財務省との話し合いはあまりうまくいっていない(少なくともGM/Cerberusの観点から)そして/又は財政上ニーズの緊急性において動きが遅すぎる。そして強制的に絶望的な手段を選らばされる。(NY Timesには団体は話し合いに深く入っているとあり、政府はクリスマスまでに声明を発表したい、財務省はその会社の帳簿を広範囲にわたりデューデリジェンス適正評価をしObama政権に引き継ぐまでに十分な生命線を与えるだけでなく何かより理解力のあるプランを立てる。自動車メーカーが神経質になるのも無理は無い。)

もう一つの悲惨な要素として、ミディアがChapter 11申請が既存の配置を再編成するたった一つの道であるというテーマをますます取ってきている。(UAWに注目しすぎている、膨れ上がったディーラーのネットワークがもっと大きな問題である。)しかしその契約がGMにとってChapter 11がどのようにするか長い討論で指摘している。プリパックは関連する団体の数から不可能である。もっと悪いのはその過程が2010年末まで延長される可能性が高い。消費者統計によると見込みある自動車購入者の最高80%までがChapter 11の自動車製造業社から車を購入することに警戒心を抱く。

それにもかかわらず、世論では既存の配列を抜け出せル方法のたった一つの方法は銀行にいくことになる。Lehmanと類似点があるように恐い。結果は分析ではなく、感情によって動かされる。財務省とFedはLehmanが絶対絶命であったことは知っていた、それでもLehman崩壊の可能性ある衝撃を理解する真剣な努力しなかった。ベアースターンズが行き詰まり死に掛けた経験後にLehmanにまとわりつくべきであったのにその代わり熱意がなかった。

Lehmanとは、調査されるべきであった何か大きな知れていないものがバランス・シートの真実の状態であった。Big 3では、ワイルドカードは消費者がどのように反応するかである。Chapter 11がどれだけ偉大な理論上の利点があろうとも、もし大半の消費者が会社の将来を不安に見捨てたとしたら、救いようが無い。Chapter 11が清算に姿を変えてしまう、その過程で予測していた資金繰りが予想していた水準を大きく不足してくると。消費者のありそうな反応を評価するのは、Lehmanに重大な審査の責めを負わせるよりもっと簡単でより軽い心配となるだろう(その企業の真実のリスクがあってその消滅を加速させた。)

いかし、Lehman では、公共で救済の疲れが見られてきていた、そして自動車メーカーの崩壊は金融業界のものよりより明らかのようである、その結果、辛抱にはあまり値しない。

AIGのローンはこれまでに1人の社員に対して$1.4Mlnに値する、そしてその多くが海外に滞在する。しかし彼らのより多くの資金とより良い条件はすばやく承認された、自動車業界は、もっと多くの職が依存し、ありそうな結末の基本的調査による失敗で致命的な打撃を取り扱うかもしれない。

WSJから:GMとクライスラーは合併の話を再開した。クライスラーのオーナーCerberus Capital Management LPはその自動車メーカーのその所有権の一部を受け渡す意欲があることを合図した。関係者は言う。

両企業の現金が少なくなってきて、Cerberusは、ほんの数週間前にはじき出された話し合いを再開する主導権を取った。その時はGMとクライスラーの両方ともビジネスの結合は非現実的で流動性の問題が高まりから気を散らされると見た。

事実は、Cerberusが財政資源豊富なヘッジファンドを救済することに対してWashingtonの反動を示す(それでもその資金がどれだけの比率を単一の取引に投資できるかの限界があることは疑いない。)確かにその救済での議会尋問で、クライスラーCEOのBob Nardelliは財務省はTARPの要請に答えが無いと打ち明けた。

しかしGMに話し合いに応じるために、そのアプローチをはねつけると反対に政府が実行できる契約をすぐに間に合うように戻ってこないことを心配した。又はもっと簡単に、実質的な話し合いがその道にほとんど無く(それはもし状況が進展していればそのように予想するが)パニックし始めている特にNY Timesに述べられているこのコメントでは:

ここ数日間、政府高官と企業の重役は自分自身隠退した、かれらがないを話しているのかほんのわずかヒントを提供するだけで、市場のアナリストはGMとクライスラーが政府の生命線なしでどれだけ長く生き延びていけるか憶測するように。

その話し合いの再開はCerberusにとってWashingtonに–それが自動車業界に$14Blnの救済パッケージの重荷となっている–業界のリストラに協力したいと見せる方法になる。そしてそれがその企業に2つの苦しんでいる自動車-融資会社の所有権を保護する方法を提供することができる、それはデトロイトの自動車メーカー生存に重大である。

Cerberusはすでに救済の変わりにクライスラーの全ての利点をあきらめることを提供した。行き詰まりの臭いがする、財務省はCerberusにどの契約でももっと現金を寄付してほしい、そしてCerberusはいくつかの他の選択を慌ただしく探している。

今月の最初に、議会はCerberusに救済プランの一部としてクライスラーに新たに資金を注入するよう圧力をかけた。これまではその考えは拒否され、競争相手GMとFordの株主は資金を寄付しろとは言われていないと言っている。そしてその投資支部がそのような動きを禁止する。

Cerberusが譲歩を取る一つの方法として、クライスラーの主所有権のいくらかを広く渡る救済の一部として受け渡すことができる。それは、将来の政府自動車CzarにCerberusの所有権を自動車労働組合又はGMに分配する決定権をあげることである。

クライスラーのCerberusの株式はすでにDaimler AGによってゼロと値がつけられている、Dailmerはまだ19.9%を所有している。しかしCerberusは、国会議員がそのような動きが問題ある業界のリストラのための寄付としての動向と見られる事を望んでいる

これらの複雑な話し合いの重なりの一番上ではGMの前融資部門の運命がある。GMAC,そこはCerberusが大多数の所有権を所有し、クライスラーのChrysler Financial部門も管理する。Cerberusのストラテジーの一部で、これらの2つの部門の大多数の投資を保護することにある。

よって難しい交渉者がいる(Cerberusは悪名高く、プライベートエクイティーの基準でさえも、貪欲で頑固である。)可能性として譲歩提供を拒否して救済を延滞させているそしてGMとの話し合いを再開することによって水を濁している。(タンゴを踊るには2人が必要だけど)

政府の救済資金を自動車メーカーが追跡する一つの発展している問題はクライスラーのコラテラルの状態である。GMと違って、それは連邦ローンのために担保として使う、誓約する資産がある。Cerberusは2007年の夏にクライスラーの資産の全てを$10Bln銀行負債のための保証として誓約したと信じている。

GM,その反対に欧州、中国その他の地区、トレードマークと一緒にかなりのオペレーションを誓約できる。JP Morganの分析によると、今年の夏にそれらの資産で$6Bln~9Bln調達できる。それから、自動車メーカーに資金を貸すことに政府をより安全に感じさせることができる。

広告