Madoff

投稿者: whitegru3

Madoffの情事が継続して報道の第一面記事として獲得している。しかしその記事には格別に不満足さを感じる、それはそれらがたまねぎの皮を一度に一枚づつむいているからで、一番興味がある質問に答えることに失敗している:彼のファンドは今まで合法的だったことがあるのか、又ははじめから詐欺だったのか?そしてその金はどこに行ったのか?

しかし今の時点でさえ、その報道は間接的にヘッジファンドの資金にへつらあわない光を当てている。それらの正当な言い訳は無い内容に乏しい。UBSが典型的な理論解釈を提供している:

ヘッジファンドのファンドは単一のマネージャーファンドにの代わりに多角分散を提供するために組み立てられた複数のストラテジーと複数のヘッジファンドポートフォリオマネージャーがある。ヘッジファンドのファンドのファンドマネージャーは複数のストラテジー分散を発明、実施し、基盤となる投資アドバイザーを明らかにし雇い、ストラテジーとマネージャーの中で資本を分散しその基盤となるファンドの実績を観測する。投資家はその結果、専門的に研究され混合された投資をマネージャー選択、ポートフォリオ建築、持続するリスク管理と利バランスの相当な資源なしでも利点を手に入れる。

更に利点としても記載されている:

新規投資家の窓口を閉めているかもしれないヘッジファンドにアクセス

ファンド・オブ・ファンズの大きな問題はすでに掛けられている多額のヘッジファンドの手数料の上に掛かる大きな手数料である。ヘッジファンドは通常年率2%の手数料に20%の実績を課す(時々無条件で、時にはベンチマークに乗せて)ファンド・オブ・ファンズはその上に1%の年率手数料と実績の最高10%の手数料を課す。(この難しい相場では、いくつかのファンド・オブ・ファンズは年率費を削減している)

それらのヘアーカットでは最後にはじっせきは ほとんど残らない。

Sharp Investingから:

ビジネス・ウィークによると平均ファンド・オブ・ファンズは2006年3月31日までの4年間で年率リターン6%であった。S&P500は年率リターン7.25%あった。そのこれらの投資のそのリスク水準は異なっていて、その例は一般のベンチマークに比べ高い費用の悪影響を説明している。

しかしファンド・オブ・ファンズはもう一つの主な利点を提供する:それらの最適投資は通常単独型ヘッジファンドより低い。そして投資家の行動を変化させた。高いリターンの投資に参加できるという考えと誰かにそれらを吟味させ、それらを混ぜ合わせる仕方を解明するのはリスクが低いように思わせる(投資家は本当に悪い市場、LTCBの崩壊のように、は忘れがちである、そして2008年の下半期が見せた、崩壊で、一つとの相関関係、それが、以前に関係のなかった投資が一緒に動いていく。そしてこれらのファンド・オブ・ファンズがヘッジファンドのリスクを制御するという思い込みが疑いなく投資家をことストラテジーに過剰配分することに導いた。それは疑いなしにUBSのような企業が相場材料に彼らが予測していたのを超えたことを裏づけした時に度合いを増した。(このケースでは、彼らはファンドの資産を実際に抱えていた)

しかしMadoffは今では恥ずかしながらもかなりの数の’ヘッジファンドがそれらの仕事をしなかった暴露している。異なった投資家とヘッジファンド専門家は、顧客にMadoffのを問題からは手を引くと言った。なぜならそのリターンがうまく合わなく又は、通常のデューデリジェンスの質問に答えられなったからである。2005年にSEC報告で29の赤旗がリストされたそしてMadoffは顧客のオーダーをフロント・ランニングまたはねずみ講であると結論を出した。

SEC Submission in 2005

madoff_secdocs_200812171

広告