賃金デフレーション進行中

投稿者: whitegru3

価格デフレーションは必ずしも悪いことではない、もしそれが短期間で賃金の下降圧力を導くものでなければ、しかし賃金下落はひどい螺旋効果をもたらす。消費者が消費する分が少なくなるだけでなく、もっと悪いのが、もし仕事を保持できたとしても、そのうち給与パッケージが低くなることを正当に心配しなければいけない。

もちろん、賃金は価格に対応してただ単に下落するかもしれないが購買力は保持される。しかしガス、食品価格の上昇の記憶ががまだ新鮮で労働者は生活水準が下落するというもっともな理由に心配しなければいいけない。そしてそれはほとんどの消費者が抱える借金のようなひどい要因は含まれていない、そしてそのモーゲージと個人ローンは所得の縮小に伴って収縮はしないだろう。(Bernankeは彼の力でできる全てのことはしている。)

そしてたとえその賃金所得者の引き締めが錯覚でも(言い方を換えれば、デフレーションは正確水準が損なわれないほど十分に対照的である。)商品価格の上昇には影響される。Fedの方針はその$方針には無関心である;実際、Bernankeはそれがかなり低い方に見たい、1934年から通貨の切り下げは米国の成長の道のりを後進させる大きな役目をした。(1937年の政策の間違いが回復の道を逆転させた。)しかし、たとえば$が30%~40%下落すると言うことはかなり高いエネルギーと食品価格を意味する、それが特にひどく損傷を受ける。

Fedexは賃金を5%削減している。英国では、何万もの労働者は延長クリスマス休日を取っている。雇用主は資金節約のために1月19日まで閉鎖する。Cerberusは労働組合労働者に4年間契約給与昇給なし、福利厚生削減、時間外支給削減を提案。それは給与削減と等しい。

NY Timesにもっと賃金カットの例が出ている。通常は短い労働時間の形又は無給休暇。しかしこの進展をもう少し詳しく、それが職を守ることで誰にとってもお互いに得をする、1970年中旬から停滞気味の実質賃金のすり減らされている労働者と反対に。明らかに、雇用者はこの動向に従ってきた。しかし皮肉にもこの記事で引用されているのは管理職、専門家(コンサルタントまたは学者)又はもし労働者であれば、たぶん管理職の知識でインタビューされている。現実を直視しよう、労働者は米国では交渉力はない。妥協がたった一つの選択である。

NY Timesから:ますます多くの雇用主がレイオフを制限又は避けることを希望して、週4日間の勤務日、無給休暇と自発的又は強制的休暇を賃金凍結、年金削減、フレックス時間労働スケジュールと一緒に紹介している。これらの雇用主はそれでも労働コストを削減しているが労働者をしっかり捕まえている。

そしてあるケースでは、労働者は金を出してさえもいる。 Brandeis Universityで学部上院の議長により12月初旬に提案され、大学の300人の教授と教師の給与の1%をあきらめる提案をした。

『私たちがしていることは象徴的意思表示で実際の影響を持つ–いくつかの職を守ることができる』英語教授・上院議長William Fleschは言う。

30%以上が賃金カットを志願した、それにより少なくとも$10万が節約でき、少なくとも何人かのレイオフを防げる。『たやすいことではない。しかし比較的たやすく、幾人かの人を助けることができる』

ある企業では、労働者は間接的賃金カットを支持している。少なくとも今では。景気下降はひどい打撃を受けている、その損害は広く年金、401(K)退職計画、そして将来は真っ暗で雇用主と雇用者でさえ大鉈を振るうリスクより小さな賃金カットを受け入れる方が良いといっている。

大規模なレイオフよりやわらかな手段で労働コストを抑えてル企業にはDell(無給休暇の延長)、Cisco(週4日、年末閉鎖)モートローラ(給与カット)、ネバダ・カシノ(自発的無給休暇時間)、シアトル・タイムス(500人の労働者で無給強制休暇により1週間$1Mlnを節約する計画)。中型と小規模の会社そのような作戦を使っているところがたくさんある。

確かに、これらの努力はレイオフよりぜんぜん狭い規模で、率直な給与カットはまだまれである。全体的に、一般社員の平均時間給–労働人口の4/5を占める–2007年11月から前月までで3.7%上昇した。(労働省のデータ)

給与報酬の傾向の記録調査するコンサルティング社Watson Wyattは先週統計データを発表し、23%企業が来年レイオフを計画している。これは10月に統計を取った時の26%から下落している。企業はその他のコストカットを考えている、それに強制的ホリデー閉鎖、給与凍結又は削減、1週間4日労働日と退職金とヘルス・ケアへの出資の削減。

広告