過剰の液化天然ガスが米国に届くか?

投稿者: whitegru3

液化天然ガス(LNG)は米国ではあまり注目を受けてはいないが、それは全体としてここでは重要なエネルギー資源ではなく、2008年の輸入は5年来の低い水準である。しかし需要・供給の状態は海外では大きく変わった。引き下げられたLNGの価格と安い輸送方法との組み合わせで過剰LNGが米国に見られてくるかも、そして天然ガスの価格に圧力を加える。

Llyod’s Listから:液化天然ガス輸送業者のスポット運賃は多量の新しく積み上がっている配送スケジュールに直面して来年引き続き圧力をかけられることだろう。とヒューストンベースのコンサルティンググループWaterborne Energyから警告が出された。

Waterborne EnergyはグローバルLNG生産高は来年かなり増えると予測している。そしてその結果、国際スポット価格は下落するだろう。

『2009年の最初はゆっくりと、われわれは年末までに全世界LNG生産高30%増を予測する。』Waterborne Energyの社長Steve Johnsonは言った。

Waterborne Energyはアジアと欧州で、11の新しいこの新しい再ガス化ターミナルが建築中にもかかわらず生産高を吸収できるとは思わない。それよりも経済下降が欧州、アジア、米国で電力需要を制限することになるだろう。

来年の5月には、Johnsonはグローバル過剰LNGが米国輸入設備に向かって動いてくる『ただどこへも行き場所がないからである。』

2010年を、見るとJohnsonは、情報データは米国輸入高は2007年に記録をつけた日量2.1Bln/Cubic/Feetを超えることだろう。

広告