最初の世界で借り入れを増大させるおいて新興経済のリスクは締め出しを食らうことである

投稿者: whitegru3

急増しているTreasury 入札の予定が需要に対して昇進して買い手の嫌悪感がそのうちにTreasury市場に達するだろうという議論はいくつか出ている。しかしFinancial Timesの記事に指摘してあるのは大手米国と先進経済政府政府債券発行からの発行体の最大のリスクは新興経済であると書いてある。ハンガリーとウクライナはすでに不安定な状況で他はかなりの危機的状況である。

Financial Timesから:工業諸国からの記録的な国債発行が–大恐慌以来最悪のリセッションとなりうるを逆転させることを意向に–進行経済によるクレジット市場へのアクセスを制限させられる恐れがある。

アナリストたちは、新興経済の借用者は2009年に先進経済によって発行を予定されている$3兆の国債でクレジット市場から締め出される。–2008年の3倍近い。米国だけでも来年で$2兆発行予定。

RBC Capital Marketsの新興経済リサーチNick Chamieは、高い買う付けを持っている政府又は企業はそれでも買い手を引き付けることができるだろう、しかしそれらは高い金利を支払う必要がある。

ブラジル、ロシア、インド、中国は対外債務支払いをそれぞれ$205Bln,$605Bln,$257Bln,$2.437兆に面する。しかしそれらの請求に見合う助けるための多額の外国為替準備金に以来できる。

アルゼンチンは2009年に対外債務$64Blnが待っている。トルコは$36Blnある。とINGは言う。

広告