迅速なLehmanの破たん申請で$75Blnが必要以上に失われた?

投稿者: whitegru3

WSJの記事に実際に奇妙だと思われることが書いてあった。投資銀行の破たんが間違いであったと読んでいいいのか、ちょっと変わっているのが元Lehmanの属していたものである。

WSJの記事:『Lehmanの無秩序の破たん申請が$数十億の価値を破壊した』

Lehman Brothersの価値が9月の無計画で無秩序な形での破たん申請が最高$75Blnを破壊した。と会社再構成アドバイザーによる内部分析による。

急がずしたChapter 11破たん申請は$数百億の価値を保護しただろう。規律正しい申請ができていればLehmanはいくらかの資産を連邦破たん裁判所保護の外で売却することができたことだろう。そしてそのデリバティブのポートフォリオを価値を保存する方法でアンワインドする時間を稼げたはずだ。

ベアースターンズが崩壊しLehmanが破たんしかけている時に読んだ記事によると、Chapter 11はただ単に証券会社の破たんでの生き残れる選択ではないと強く印象を受けた。もしこれが実際に正しければ、なぜ役員会はコンサルティング社に連絡をして3ヶ月もかけて架空の仮定のレポートを作り上げたのだろうか?

このケースを復習すると、Lehmanが窮地に追い込まれたときに、ほとんどの解説者はLehmanがしようとしていた資金調達は$10Blnを集め、たぶんもっと、そして数四半期は様子見をすることができた。

しかしLehmanが破たんした時に、その損失は巨大な規模で膨れ上がっていた。この相違の説明なしには文句が出ていた、そしてLehmanがおよそ6ヶ月近く窮地に追い込まれていたにもかかわらず、官僚はLehman破たんの際の可能性あるマイナス面をうまく把握できなかったことは最大の職務怠慢だった。

ある人は、官僚は事実を把握していたがそれでもLehmanを見捨てたと論争する人もいるが、それは誠実に疑う。SECはは独立の評定をしなかった。(TreasuryがFannieとFreddieの時にしたような)Fuldは絶対にプライベートでも財務諸表に示されているより悪いことを何もかも話すことはしなかっただろう。(彼の巨大な自尊心がそれを妨げていたことは横に置いておいて、それは公的財務が語弊があり、未完成であることを告白する。)そするとFedとTreasuryはどこから洞察を加えることができる?理論的にはLehmanのカウンターパーティー、しかしもしLehmanが本当にバランス・シートに$100Blnの穴があったとすると、(急いだ週末の前、BarclaysとBank of Americaによるデューデリジェンスで)Paulsonはどうして政府の助けなしで業界の誰かがそれほど悪いごみ船受け入れると勘違いをしたのだろうか?できる全てのことは有毒な腐敗物を他の団体に移し変えその過程でバランス・シートに大きな損害をあたえるだけである。

奇妙なAlvarez & Marsalのレポートに早送りすると、レポーとの仮定ではChapter 11はLehmanのかなりの部分の生き残りの選択であったとある。WSjの討論には代わりの過程がどのようになっていたかを詳しく説明していないがいくつかの損害を避けることできたと強く主張。

ほとんどの価値の破壊は破たん申請の親保証人、Lehman Holdingsから来た。その申請が子会社が保有する取引契約で次々のデフォルトの引き金を引いた。それがLehmanのデリバティブへの契約不履行として知られるものを引き起こした。これが理由でカウンターパーティーとの取引の80%以上が中止された。–一般的に大手欧州と米国銀行、JP Morganのようなところ、全てで破たんにより90万の分かれたデリバティブがキャンセルされた。

債権者への問題は、これは中断された規約でLehmanがけを借りていた。Marsal氏は、もう数週間あればLehmanにその110万デリバティブトレードを移行して、アンワインドでき債権者により多くの金を補給することができたと言う。

全体で、デリバティブ・トレードと関連した請求でLehmanの保証されなかった債権者への負担は少なくとも$50Blnであった。分析によると。その発見はまだ公共には発表されていないが最終的に米国破たん裁判所とLehmanの債権者に提示される。

『この申請は、その週末にほとんどがLehmanの取締役会によって命令され、計画なしで実行された』とMarsal氏は言う。彼のNYの会社は9月14日10:30PMにLehman の役員会によって雇われた。

証券会社は規則的な方法で腐敗しないというとっても強い印象があるが、その代わりにある時点での破壊に達すると急速に崩壊する。まき戻すことが不可能に近い。実際、破たん法と取引カウンターパーティーがお互いに管理された過程の分類を持ち契約を結ぶ両方でかなりの変更が必要となる。A&Mのレポートにされるべきであった事項について書いてあった。

1. 企業が一度ある限界を超えて格下げされると、取引あるどのカウンターパーティーもそのエクスポージャーからダウングレードされる。そして他の企業がレポを入れてこなくなるなると(クレジットリスクが関連してくるから)、その証券会社はお終いである。流動性がトレーデイング会社の活力の元で、そして破たん信sネイも同じ効果がある。

Jim Biancoから:

もしLehmanが申請すると、Moody’sはそのカウンターパーティーをJunkへダウングレードしなければいけない。これでみんながLehmanとのビジネスを停止する。もしJunkのカウンターパーティーと取引をすると、自分の格付けをJunkに落とされるリスクがある。ほとんどの買い手のアカウントは信託契約でJunkの格付けを持つカウンターパーティーとは取引は禁止されている。思い出すとこれがベアースターンズをつぶす引き金を引いた。

Moody’sが破たんブローカーの格付けを投資格付けのカウンターパーティーリスクに置いておくことは絶対にない。

2.A&Mのレポートは2005年の破たん法変更で上記で請求されたLehmanがChapter 11の申請を通じてそのデリバティブトレードの巻き戻しを防ぐことができたと言うことは不正解であると言うことを無視していた。

Financial Timesから:

Wall Streetは知らずにもベアースターンズ、Lehman Brothers,AIGの崩壊のきっかけの一つを作ってしまった。それは新しい破たん法が大手顧客の破たんから銀行を絶縁することを目的としてあるため。

2005年の変更は、特定のデリバティブと金融取引は破たん法で条項から控除され裁判所が債権者の中でどのようにして分けられるか決断するまで破たんした企業の資産を凍結すると確証されていた。

新しい法は大手カウンターパーティー、ヘッジファンドのような、の破たんから金融会社を絶縁する目的のものであった、より簡単に取引をアンワインドでき担保を取り戻すことができるようにしてある。

しかし専門家は、新しい法が銀行とヘッジファンドが3つの会社から余分の担保をを要求しポジションを閉鎖する法律的妨害を取り除くことでベアー、Lehman,AIGの消滅を早めたかもしれないと言う。

『その変更は規律正しい取引のアンワインディングを促進するために紹介されたが、それが破たん過程を加速させる羽目になった。』弁護事務所DLA PiperのパートナーWilliam Goldmanは言う。『カウンターパーティーが失速したら後に続いて起きる連鎖反応からLehmanとベアースターンズのような会社を保護したかった。彼らは失速する会社がLehmanとベアースターンズだとは思っても見なかった。

法の変更は、破たん法に含まれていないベアースターンズ、Lehman,AIGで広く使用されていた商品であるCDSとモーゲージレポの金融商品の範囲と定義を拡大した。

弁護士は、2005年の控除は非金融機関にも適応することができる、可能性としてどの企業でもデリバティブを使用する会社の破たん過程を複雑にする。Seton Hall University School of Lawの教授Stephen Lubbenは言った。『これらの条項は非金融機関に影響を及ぼす。自動車会社、航空会社、なぜならそれらもデリバティブトレードに参加しているからである。

これでたぶんWSJの要約がA&Mレポートにひどい仕打ちをする、そしてそれらは正確に2005年の破たん法変更なしだったらどうなっていたか品詞で分類して説明してあった。しかしFTの記事はこれらの変更はデリバティブだけでなかったらほとんどが含まれていた印象を受けさせる。

そしてもう一つ問題がある。Chapter 11の申請はdebtor-in-possession financing(DIP:繋ぎ融資)(申請時に債権者に追い詰められて請求者を払わなければいけない。)Lehmanは大変大きなDIPを持つことになっていただろう。金融業界はほんの小さな集団である。十分大きなDIPを準備する試みがLehmanからでればすぐにその企業の追い詰めに導かれたことになっていただろう。どんなカウンターパーティーもトレーデイング資産が何ヶ月も凍結するリスクは好まない。

それで上の論理が正しければ、A&Mのレポートは訴訟から役員たちを守る費用が高い言い逃れの手段のように見える。そしてWSJに、常識的に優れた配置を受け渡すことに賛成したとある。

広告