銀行業界は政府が救済できるより早く沈んでいく

投稿者: whitegru3

WSJの役に立つ記事で米銀行業界の哀れな見通しが話し合われている。それはFedと財務省の英雄的な介入にもかかわらず総体で第4四半期の減益になるだろうという。

その記事は最近のほとんどと景気が継続して悪化すれば銀行クレジット危機はほとんど明らかに悪化すると書いてある。商業用不動産の空き室、特に小売業の余白、は積み上がって来ている。建築業ローンは地元と地方銀行で重要なビジネスである;この高い割合は確かにもう生き残れる道ではない。そしてもちろんクレジットカードの見通しは厳しいそして引き続き弱い住宅市場。

しかしそのクレジットロスは2つ目の問題を隠している:崩れている銀行の収益。多くの人が述べているように、損失を計上している間は新しいクレジットを延長するには特に気は乗らない。

しかしもっと真剣な事実は、銀行がビジネスモデルを手数料で稼ぐことに依存し始めていることである、そしてそのほとんどが不動産の証券化に関連していることである。クレジット・カード法の保留の変更が以前は抽出できたいくつかの金利を課さない銀行をくじけさせることになるだろう。同じように連邦政府が800ポンドのゴリラ(極端に明確なこと)になりモーゲージ・クレジットを提供し銀行により少ない手数料の機会を与えているような世界でもそうである。(そしてそれは取引の出来高が減少していることを考慮に入れる前にである)

WSJから:米国の銀行と貯蓄機関は1990年以来始めての全体四半期減益に向かっているように見受けられる、問題あるローンがうちのめされた業界を救う政府の前例のない努力より早く積み上がっている。

『この業界の収益力は完全に破壊された』Hovde Capital Advisors LLC(Washingtonのマネー・マネージメント会社で金融サービス専門)のCEO Eric Hovdeは言う。

米金融機関のおよそ1/4が9月30日締め四半期で純損失を発表した。その比率は第4四半期の結果が1月に発表されるときに上昇するだろう。幾人かのアナリストはたとえ堅調なJP Morganでさえ赤字になると予想している。

陰気な第4四半期は2009年への不吉な兆候である。米国政府はこれまでにTARPを通じて130以上の金融機関に$169Blnを注入した。(Keefe, Bruyette & Woods Incによると)しかしいくつかの銀行はすでにもっと資金を探しており、又はもう一年のひどい年を予測して資金を抱え込んでいる。

ここ数週間で、幾人かのアナリストは2009年の収益フォーキャストを下方修正している、それと様々な大手、小規模銀行の株価ターゲットも。これらのアナリストたちは失業者の増加が消費者が支払いに遅れることになりクレジット・カード、モーゲージ、住宅エクイティーローンのより大幅の損失の引き金を引くことになると予測する。より新しい問題が商業用不動産とその他の種類のローンを引き裂き、と組み合わせて、多くの銀行は貸付損失準備金を強化しなければいけなく収益を腐食していく。

『われわれは悪化していく経済状況は2009年に資産価値を更に悪くする要因となるだろう。貸付損失準備金の不適切と収益性の損ないを明らかにするだろう』 Barclays CapitalのアナリストJonathan Glionnaは言う。彼が見ている27の金融機関の不良資産は第4四半期に前年の$43Blnから$125Blnに増えると予測している。

来年の末にはその数字は$200Blnに乗せることだろう。と彼は言う。

状況が悪化し、苦戦している銀行はプライベート・エクイティー社とその他の外部の投資家に資金の助けを求める。たとえそれらのいくつかで政府から資金注入を受けているものでももっと資金が必要であるとアナリストは警告する。金融機関強化する関心は、監督機関がノンバンクの投資家に銀行設立免許を許可することで反発している。

プライベート・エクイティー社はレバレージができる資産を買うことを好む。みんながプライベート・エクイティー社に資産を注入してほしい理由は彼らの株式資産を増やすことを助けることである、それがレバレージを削減することに導く。それはアウト・トレードになるようだ。

それに、例でTPGのWaMuへの投資$7Blnはすばやくつぶれた、そして完全にたのプライベート・エクイティー社でさもなければ投機行為を考慮していたかもしれない、へのかなりの抑止効果になったことは疑いない。

広告