過去の金融危機がまだ終わりには苦痛は程遠いと指摘する

投稿者: whitegru3

エコノミストトのCarmen Reinhart と Kenneth Rogoffが過去の金融危機によって構成された大規模なデータの収集から異なった発見を出版している。彼らは最長800年前までのデータを見て、彼らの出力は近代の危機の分析で構成されている。

これらは今週末のAEA会議に提出する提示の要約を発表した。それは爽快に率直で、現在の混乱にありのままの意味合いを提供する。

これらの勉強はこの金融危機は通常のリセッションよりもっと厳しく長続きすると示されている。いくつかの彼らの以前の提示で、彼らは先進経済と発展途上国の者と比べて分析してある、そして驚くことに彼らの解析は異常に似ている、それで彼らの最新の作品は両方のタイプを一緒に見ている。それには更に戦前の先進国のエピソードを含み、そこにはReinhartとRogoffが十分な住宅価格と関連するでーとを持っている。

彼らの最新の書き物には危機がどのようにして進展してそれ自身が解決していくかを見ている。その普通の結末はほとんどの解説者が米国をフォーキャストするより悪い。

1.実質住宅価格は6年の期間で平均35%以上下落する。他の危機に注目すると、住宅不動産はその時のバブルの中心とは限られていない。日本を除いたとしても(日本は17年間住宅価格の下落に苦しみ)、その平均は5年以上である。

2.株価は3年半の間に55%下落。

3.GDPは平均で9%下落

4.失業率は前回の規範から7%上昇。

5.国債『破裂』、平均86%の増、しかしその原因は通常の銀行業界の資本再構成ではないが、税金歳入の崩れに直面してのサービスの維持をすることと金融システム対策を除いた景気循環対策。

注目したいのは、1990年のアジア危機IMFの救済条件の対称になった国を見本に含んでい、インドネシアとタイなど、生産の劇的な下落と失業率の急上昇を導いた、しかし(少なくとも一般に報道されている)そこからは急速な反発をしている

書簡からのその他のコメント:

これまでの現在のエピソードで米国が経験した住宅価格の下落は( Case–Shiller indexによるとおよそ28%)すでに米国が大恐慌時に登録したより2倍以上になっている。

興味深いのは…銀行危機に関して言うと、新興国は特にアジア諸国で、失業率において先進国より良いことである。そこで国々を通じてよく知られているデータが失業率の比較として発表されている、先進国の比較的悪い実績は進行国でのより大い賃金下あr区柔軟性が厳しい経済苦悩の次期に雇用のクッションの助けになる可能性があるのではないかと指摘する。

現在のグローバル金融危機の軌道を評定するために歴史上のベンチマークがどれだけ関連があるだろうか?その一方で、今日の官僚はほぼ間違いなくマネタリーポリシーの骨組みはより柔軟性を持つ、特にグローバルギア為替レート体制のより柔軟なことに感謝し、ある中銀はすでに1930年代にはとりわけ不在であったことに積極的に行動を見せている、又は日本の経験での後期に当たる時期で。その反対にわれわれは前任者より頭が良いとうぬぼれはほどほどにしたほうが良い。数年前に、多くの人は金融工学の改善はビジネスサイクルと金融伝染病のリスク制限を管理することに随分したと言っていた。

この現在の危機の発生から米国で資産価格は急落し、そのほかの地区でも歴史上の前例と記録を並べた…この危機のグローバル的な性格から多くの国が輸出を増加することで脱出することがもっと難しくなっている、又は外国借り入れを通じて消費効果を滑らかにすること。そのような状況下で、ソブリン・デフォルトの直近の一時的静けさには終わりが来るであろう。

広告