あるフォーキャスターはすばやい経済回復を見ている

投稿者: whitegru3

NY Timesから:

経済学は陰気な科学?いくつかの四半期ではそうではないようだ。ほとんどの米国人の経験で一番厳しいリセッションの真っ只中、多くのプロのフォーキャスターは楽観的に新しい年に向かって最悪時はもうすぐ終わるだろうと宣言している。

この明るい想像が展開されるためには、彼らはObama政権を頼みにしているそして議会に重要な刺激策の約束を果たすこと、少なくとも翌2年間で$675Bln。

彼らはしつこく弱い消費者の支出とビジネスに面して経済を再び動かすと言っている、銀行はクレジットの延長には気が進まないことは言うまでもなく。

もし正しい方向に連鎖はんのうが起きれば、景気は底打ちをし7月には小幅のステップで成長し始めるだろうとBlue Chip Economic Indicatorsの50人のプロのフォーキャスターの12月の統計からである。投資家は同じように金曜日には楽観的なムードでいたようだ。株価を3%競り上げた。

しかし政府の刺激策なしでは2008年の厳しい経済ヘッドラインがたぶんしばらくの間続くであろう。とこれらのフォーキャスターは応答する。

『連邦政府の寛大さがなしでは、2009年のフォーキャストのコンセンサスは1年を通じてほとんどリセッションが継続するだろう。』とBlue Chip Economic Indicatorsの編集主幹 Randell E. Mooreは言う。(ここはフォーキャスターの月次の統計を行う)

多くのエコノミストはもっと悲観的、もちろんNY大学のNouriel Roubini教授、は2008年に相場大惨事を正しく当て、直近のコメントをBloomberg Newsに彼は深く長続きする収縮が少なくとも2009年末まで続くと見ている』

2010年でさえ、彼は回復はかなり弱くと付足し『そのリセッションが技術上終了していてもひどく感じられる』

しかしRoubini教授はBlue Chip Economic Indicatorsが統計を取ったエコノミストには含まれていない。これらのプロのフォーキャスターは通常投資銀行、事業者団体、大手企業によって雇われている。

彼らのフォーキャストはコンピューターのモデルで米国尾経済は基本的に健全、たとえ最悪時でも、と見る傾向がある。それからこれらのフォーキャストは一般にRoubini教授の物より随分楽観的となる。

彼らの信用性は昨年悪化した。彼らはリセッションを昨年の夏まで見通せなった。彼らが不意打ちを食らった一つの理由は:彼らのコンピューターのモデルが感情的要因であるクレジット危機からの衝撃を簡単に取り扱わないからであると、住宅価格の下落が借用と支出を妨げていたこと。

これらのモデルは又、米国の高い水準の経済活動であることが市場経済の自然状態と仮定していて、リセッションから高い水準へほとんど反射能力に反発するだろうと見ている。

しかしそれは銀行とその他の金融機関がローンを貸し渋りしていないと推測の上で、今日ではそれらが活気ある経済に必要なクレジットの社会から奪っている。

『ほとんどのわれわれのモデルは景気は自動的に復元するという方向で構成されている』 IHS Global Insightのエコノミスト Nigel Gaultは言う。

たとえ経済が今年の夏に自動で復元し始めても、リセッションは1930年代以来最長となる、1903年代には最後に政府が消費者とビジネス支出のしつこい無力症に打ち勝つために幅広い公共支出に手がけた。

『コンセンサスは、われわれは今が一番深いリセッションにいると言う。』『しかし刺激パッケージとより低いガソリン価格がなんらか消費者の信頼感と個人消費を回復させ、われわれを路線に戻すだろう。

心理的要因があるとYale大学のエコノミストRobert Shiller教授は言う、希望は作用し始める。

『もしわれわれが巨額のインフラ支出があり、人々がそれが働いていると見ると、それが私たちはOKであるという感覚を作り、人々は通常に戻るだろう』『実際の問題はわれわれは様子見で、みんながそうである。』

ほとんどフォーキャスターの予測は、いくつかのレポートで、Obama政権の刺激策のほとんどが公共の仕事プロジェクトと減税に行くだろうとみている。

このような刺激策では、GDPは上昇し始める-もし第3四半期でなければ、確実に第4四半期にとフォーキャスターは言う、そして失業率は最終に来年の初旬には8~9%でピーに達する。

『雇用不安は大変重大である;それがこの全ての一番悪い面である』Craig Drill CapitalのAlbert Wojnilowerは言う。『しかしほとんどの経済の好転は消費支出の好転で始まる、その時に仕事がある人々は仕事を失うことに心配しなくなる。』

他のフォーキャスターのように、Wojnilowerは調度終わった第4四半期がリセッションの最悪時と見ており、GDPが年率で4%又は5%又は6%収縮した。又その他の人のように、彼は景気は今年の末に再び成長すると見ているが、年率成長率1%又はそれ以下はリセッションのような雰囲気で新規雇用を作成するには十分ではない。

しかし景気はもう収縮しないだろう、そして2007年12月に始まったリセッションは18~21ヶ月の年月で終了するだろう。前回の歴代の記録は1970年中旬と1980年初期のひどいリセッションでそれぞれ16ヶ月続いた。

『消費者はたった今確実に狂乱状態だと思うが、それらの行動は基本的に道理にかなっている』米国商工会議所のチーフエコノミストMartin Regaliaは言う。『彼らは働きたい、金を作りたいそして、彼らは金を使いたい。とりわけ彼らは弾力性がる。政府からのいくらかの助けで自分の傷をなめて、再びやり直しすばやく切り抜けるだろう』

復活への鍵は、すべてのフォキャストでも、住宅建築と住宅価格であると言う。2つ目の分はまだ下落している、もっと速いペースで、インフレ調整して、大恐慌時よりも。(S.& P./Case-Shiller Home Price Indicesから)

それは倍増しているフォークロジャーと波及効果と何百万世帯もの保有する住宅がモーゲージの残高より低くなって閉じ込められてしまっている。そのような状況では必然的に消費とビジネス投資を不振にする。

しかし住宅市場はたぶん春に底打ちするだろう。と多くのフォーキャスターが今では議論する。Federal Reserveがモーゲージ・バック証券を購入することでこれを現実化する役目をするだろう。そして、それをすることで、30年モーゲージレートを5%以下にし、それがおよそ現在の水準である。それがただ単に住宅購入を奨励するだけでなく、借り換えもである。

『リセッションの真っ只中で、大変不愉快な気分で、住宅活動は回復し始める、なぜならモーゲージレートの大幅下落からである』ITT Investment Technology GroupのチーフエコノミストRobert Barberaは言う。

それで、また、新築住宅への基本的人口統計需要、フォーキャスターは1年で170万戸。それだけは今日では建てられていないが、在庫が縮小して住宅建築が復活し、多くのフォーキャスターが議論するには、もう一度経済成長に貢献する。

『悲運の前兆となるのは楽しくない』 Barberaは言う。『そしてたとえ今でもこのような悲運のような時期でも、わたしたちのフォキャストの職業ではそれは続きはしないと言う。』

広告