Obamaが$310Blnの減税を考えている

投稿者: whitegru3

WSJがニュース警報で、Obamaが刺激策は初期に予想していたより必要な共和党のサポートを勝ち取るためにもっと減税に頼ると報道した。WSJには減税は最高$310Bln、又は$775Blnの総合パッケージの40%になる可能性がる。

これはあまりすばらしい聞こえではないが、刺激策にはやや迷っているところがある、しかしこの話し合いではその面は横に置いておいて。

単純形で、異なった種類の刺激パッケージは需要の衰えを補うための意味合いを持つ。政府支出(政府が消費する)又は政府がどうにかして消費者をお金を渡す(直接な方法で、減税又は、異なった種類の無料のサービス券、政府が生活保護者に発行する食品割引券ことができる。

減税のその問題は、使われないかもしれない。そして消費者が節約されている度合いにおいては刺激策は効果的ではない。言い方を換えれば、減税への依存は政府支出経由と同じ結果を達成するためにはより大きな支出が要求されるリスクをとることになる。

それは理論的な心配ではない。昨年の夏の税金の払い戻しで見ている。Gary Shlllingはその小切手が納税者の手元に入った時に対して小売支出の変化を細かく見ていた。彼は税金の払い戻しのおよそ80%は貯金されたという結論に達した。

減税プログラムが高い支出性向の低所得者グループにほとんどの現金を向けることを考案するための方法、そしてObamaの計画が明らかにこれらの要素を含む:

全体の税金控除の最大の部分は、所得税を支払う人又は収益所得クレジットを要求する人のための削減に関係する。それは、Obamaが彼の選挙キャンペーンの間に概略を説明し提案した “Making Work Pay”の頭金として供給される。一家族$500~$1000のSocial Security(社会保障)とメディケア(医療保険)給与税と相殺されるクレジットとして提供される。

しかしこの環境下で、低い経済社会層に減税の比重を置くことはかなりが貯蓄される方に導かれるかもしれない。結局のところ、消費者の全ての所得水準で多額の借金を持っている、そしてドンアン種類の支払いをそこなうと大惨事的な高金利につながる。もしかして誰かにクレジットカードの借金を払うために未払い金を当てることを最優先したほうが賢明な処置かもしれない。

そして共和党は多分、低所得者への寄付金を与えることには気が進まないことから、ビジネスにも特典がある。

ビジネスの税金パッケージには、重要な条項で昨年に発生した多額の損失を企業は損金処理することを許可する、同様に2009年からの損失も、以前にさかのぼって5年前まで税金請求を削減すること。実施されて、これが企業に政府から、さもないと請求できなかった現金を受け取る権利を受けることになる。

2つ目の条項では、新規投資に資金を設備投資する権利を企業に与えることである。投資は2009年1月1日時点にされた支出にさかのぼって減価償却され、議会がその法案を通過するまでその資金を伏せておかないように。

分かれた構成で、企業にレイオフを戻すか、新規採用に1年間の税金クレジットを与える、それは$40Bln~$50Blnの価値に値する。そしてObamaの計画は小規模のビジネスに2009年と2010年に最高$250Mlnの広い範囲にわたる支出の控除をすることを許可する。現在は制限が$175Mlnである。

C-corpの損失は5年間戻って15年間先送りした。と言うことで2009年の損失の回復のための余地は随分あると思われる(〔節税目的で設定する資本損失は現在はたった2年である。しかしそれはたびたび変更される)でもみんながそう思っているわけではない。

ビジネス・ロビイストは議会に、法人所得税を支払っていない企業にも優遇する許可を与えるよう圧力をかけている。スタート・アップ企業、代替エネルギー会社、大手企業はここ何年も損を飲み込んできている–自動車、鉄鋼、航空会社のような–はすでにそのような返金にロビー活動を始めている。

彼らは追徴金の損失を請求する条項はもし企業がそれを最高に必要といしなければ経済にはほとんど影響を及ばさないと主張する–苦しんでいる企業はなにも税金を支払わなければいけない義務はない–税金控除からは恩恵を受けられない。

何年間も、税法は貧乏な個人に所得税を支払わなくても小切手を受け取るように許されたいた。しかしそのような寛大さはビジネスには奨励されていなかった。

Richard Nixonは逆所得税を生活保護の代わりとして提案した。大規模のビジネス福利厚生が見られるだろう。ほとんどの新しいビジネスは最初の3年で失敗する、しかしそれらは内在の生存能力にもかかわらず支えられる。

多分私も今年はなんらかの方法で大きな損失を計上することを考えたらいいかも?

項目2は輸入漏れ成分がある。(地元の中身の条件がある?多分ないだろう)

第3項目は一番重要だが、もし企業として今年は多額の収益を予測しないなら、控除の価値は(クレジットと反対に)討論の余地あり。企業にいずれにせよ支出するべきであったものにかなりの規模の報酬を与えることになるかもしれない。雇用のための税還付はもっと将来性がある、しかしそれは従業員の総合コスト(給与+扶助金)に対して還付の規模による。

毎度のこと、その詳細には悪魔が隠れている、それはそのうち見えてくるだろう。しかし最初の通過で、これは反対派を選出する値の張る方法となりそうだ。

広告