全くお手上げのヘッジファンドはまだそれ以上に難航に面する

投稿者: whitegru3

新しいそれほど裕福でないヘッジファンドのマネージャーに同情を駆り立てるのは難しい、良い時期にはどれだけ裕福だったかと考えると。それにもかかわらず、彼らは償還から継続して圧力を受けて、そして(ほとんどが)High Water Mark Provisions:

High Water Mark Definition

多くのヘッジファンドのメモ又はマーケティング書類を見ると、多くのヘッジファンドは投資家にHigh Water Mark Protectionを提供する。これらは現在の業界の中で現状維持で投資家に利益分配は稼いだ収益の公平な評価に基づいて計算される。多くのヘッジファンドはすべての資産に2%の手数料とそれから20%の業績手数料を収集する、ということは、もしファンドが1年で100%の収益を上げると、ヘッジファンドはそれらの利益20%を保持し投資家は残り80%を取得する。High Water Markは以前の会計年度の終了に見れれた最高のNet Asset Value(純資産価値)。

High Water Markの例:投資家が2006年にヘッジファンドに$50万を渡し、投資価値が$30万に下落したとする。2007年にヘッジファンドは100%の利益を上げ投資は今では$60万の価値があるとする。この投資家は$50万~$60万の間の業績手数料だけを張ればよいことになる、その年の全体100%($30万)にではない。

ということは、ヘッジファンドは今年は上限の手数料としてゼロ又はほんのわずかしか収集できないということである。

過去に、そのようなことがヘッジファンドに起きると、ヘッジファンドは破裂していた。Tiger FundsのJulian Robertsonのように、なぜならその社員が業績と手数料に穴があいていないファンドに姿をくらまし太った業績手数料を分かち合うために警戒態勢に入る。しかし業界全体が縮小して、多くのファンドは手数料の圧力に苦しみ、動きやすさあまりよくないようだ。

Financial Timesから:ヘッジファンドは年末に資金の引き出し制限と一時停止後の過去最高の比率の新年の二日酔いに苦しんでいるそして初期の閉鎖の波が予想される。

ヘッジファンドは彼れらの過去の記録で最悪12ヵ月後に、ほとんどが業績手数料を稼ぎ始める前に高額の損失を取り戻さなければいけなくやせ衰えた年に面している。150以上―業界でッ最大手の名前Tudor Ivestment Corp, Citadel, Cerberus Capital, Highbridge Capitalなどを含んで償還を制限していた。

プライムブロカー、ヘッジファンドにサービスを提供する、とマネージャーは一時停止されているファンドから市場に数ヶ月間売り圧力が継続すると予測、売却するのが難しい資産を現金に換える試みをする。引き出しは広く第一四半期の末まで続きそうだ。


広告