プライベート・エクイティー社は2008年の損失20%~30%を計上する予測

投稿者: whitegru3

プライベート・エクイティー社は通常、資産にレバレージをかける、そう、異なった方法で価値を加えると主張、しかし多くの学問的な研究がこのりろんに質問を投げかける。収益の大きな源はレバレージと金融工学。これらのアプローチの両方とも、2008年に考えられるところではどの分野においても壮大に成功していなかった。

追加で多くのプライベート・エクイティー社がポートフォリオを持っている企業が現在苦しんでいる世界にいる、それは崖から落ちたファンダメンタルズ、高い負債の積み上がり、そして多くのケースが来年以降に償還する債券。

そうするとどうやってプライベート・エクイティー社(平均で)は、昨年の株式平均より良い実績を上げることが可能であるか?とても信じがたい。レバレージ削減が両方に、そして一番明らかにプライベート・エクイティー社が所有する会社には全く好感しなかっただろう。

そしてプライベート・エクイティー社は彼らのポジションの評価はより厳しい基準を保っているのに、予測わずか20%~30%の損失をしている。(一般市場がどちらかと言うと40%の下落に対して)それだけでも実績を憂鬱な影響を及ぼす。

Financial Timesの記事に損失は噂されているよりかなり悪くなる可能性があると書いてある。

プライベート・エクイティー社は翌数週間投資家に不快な手紙で、彼らが投資した会社が今日どれだけの価値があるか報告する。多くの重役は価格は20~30%の範囲の下落であるだろうという。

今年初めて適応された規制によると、プライベート・エクイティー社は、ただ単に投資のオリジナルのコストを公表するのではなく、今日の市場での会社の価値がどれだけであるか価値をつける必要がある。

ある計算では、実際の損失は30%をはるかに超える、これらの多くの会社は金融狂乱のピークで買収され民営化されたからである―多くの契約は特に2006年と2007年に設立した―プライベート・エクイティー社は企業を民営化するために一般市場の25%のプリミアムを支払った。

彼らはそれから巨額の債務資金を企業に注入し、価格の下落はどちらかというと60%の損失をほのめかしている。と何人かの業界の推測である。

一般の市場が40%下落し、その資産は今日では価値がないに等しい―プライベート・エクイティー社は長年に渡り再構成しそれらの会社の価値を回復しなければいけない事実は取っておいて。

年末の数字がわかると、多くの金欠病の投資家は自分たち自身で巻き戻し、プライベート・エクイティー社に多額の小切手を書くことが必要な契約をすることを控えるよう圧力をかける。

これらの投資家はプライベート・エクイティーのポジションをセコンダリー市場でもっと投げ捨てると予想される。

ドット・コムの崩壊で、投資家はベンチャーキャピタル社に彼らの投資を削減するよう要求した(記憶によると、縮小は50%の順位)それはファンドにとって劇的な運命の逆転で、ほとんどが間接経費とマネージメント費と給与(2%が通常で”2%と20%”の方式)をカバーしようとするから。そしてもちろん、この環境下では手数料の上限は存在しない。ほとんどのビジネスは年金収入なるべきして取った50%の下落にはうまく対処できない(そして上限費を含んだトップラインはどちらかと言うと90%プラスの下落となる。

広告