中国からもっと悪いニュース、資本の逃避を含む

投稿者: whitegru3

Financial Timesから:7月にPettisとLogan Wrightが書いた記事が現在の状況の概観が伺える。

2005年の上半期と20006年の間、貿易黒字、FDIと中国の準備金は国全体の準備金の80~90%を占める。2007年の上半期にはこれらの構成は70%になった。今年は、その割合が劇的に減り1月から5月に39%へ下落…なぜなら貿易とFDIの中に埋もれて投機筋の流入があったからで、それらの実際の比率はより低いだろう。

そうすると何が中国の準備金蓄積を加速する動力になっているのか?多分ホットマネー.。。。もっとより多くの投資家、ビジネス人、通常の一般人が中国に、元の上昇により発生する損失から保護又は収益を上げることを予測したたことに関連し利益を上げることにうまく利用。

ホットマネーの専門的な定義はないが、だいたいの予想をつけることは可能である…どのケースにおいても、過去12ヶ月で驚くべき増加を見せた。事実ここ数ヶ月に官僚はホットマネーの急増を解釈する裏づけする資金流入を止めるますます非常手段取ってきた。

ホットマネーは悪名高き不安定で、それ以上に悪名高き循環型である。経済が成長している時、又は加熱している時には流入は純投資を増やす傾向にあるそして経済のの動力により燃料となる。しかし状況が変わり経済が劣え始める又は子にが金融リスクに面してくると、ホットマネーは国から逃げる傾向にある、それが逃げることで状況は深刻化する。

この背景で、シンホアの話の重要性はもっと明らかになる:

中国は異常な国境越えの資金の流れの恐れに面している、なぜならグローバル金融混乱からである。と国の外国為替監督官が昨日言った。

国境の外へもっと多くの資金が流れ出ているのはその国の流動性損傷のリスクを増やす可能性がある。そしてそれはグローバル金融危機の中でとくに危険である。

中国の外国為替準備金は2003年12月以来始めて下落した。SAFEの高官Cai Qiushengは先月の会議で発表。彼はいつにそれが起こってどれだけかは細かいデータを提供していなかった。

彼は現在の準備金は$1.9兆を下回っていると言った。9月の末に取られた記録である。それは世界最大の準備金の額であった。

SAFEは国境を越える資金の流入と流出の管理を改善する、そして国際収支をより密接に管理すると胡錦濤{こ きんとう}、フー・チンタオは言った。

彼は外国為替準備金の管理でより良いリスク・コントロールを促した、それがリスクに対する最後の保護手段であった。

中国の中銀は火曜日に、国境越えの資金の流れの監視を強化することと国際収支の異常な変化に取り組むための方法を勉強すると火曜日に言った。

中国人民銀行は貿易決済の正当性と個人の外国為替を国の中と外へ運ぶ管理を高めると言った。

国境越えの資金の流れの監視を強化すると言うことは外国為替管理をさらに引き締めると言う意味合いであると受け止められる。

そしてホットマネーの資金逃避からは別に、FDI投資(海外直接投資)の逆流が見られている。最新の貧しい多国籍企業がバランス・シートを強化するために中国企業の所有の荷卸しをしている、Bank of Americaのように、ロイターから:

トップ米国金融会社のBank of Americaは母国での欠しい相場を乗り切るために資金を調達で$2.83Blnのかなりの量の保有を売却している、それにはChina Construction Bank (0939.HK: Quote, Profile, Research, Stock Buzz)があり12%の割引価格で売っているということである。

BofAは5.62Bln株、 Construction Bank を所有のおよそ13%をHK$3.92/1株あたりで売っていた、広く予想されていた配置で。

その投資は Construction Bankのおよそ2.5%に値する、そしてその売却が’終了するとBank of Americaは国営管理の金融企業の所有は16.6%となる。

『そのニュースは予測されていたが、投資家には打撃を与えたなぜならBofAは絶対にそれ以上売りに出してくるだろうからである。kれらは金が必要』香港のFulbright Securitiesの Francis Lunは言う。

ChinaStakesが中国の住宅市場について最新の情報を提供している、それには米国の住宅市場などはまだ穏やかと見ている。注目したいのは中国では、消費者モーゲージはありふれたものではないそして、それが使われても、ローンと価格の比率は大変低い、よって不動産価格の下落は米国で見られる大規模なフォークロジャーの種類には導かれない。しかし中国の銀行は開発業者へのエクスポジャーが大きい、そしてこの記事には新規開発物件の高い比率が売れ残っていると論じてある(例をあげると北京で、十分3年間分の過剰となる)中国中銀は昨年の秋に翌2年間で不動産市場10%~30%の下落を予測している(そいてこれは実質単位でより大きい下落である、それは中国はまだ高いインフレがあるから)そして不動産会社と銀行で流動性の問題が結果となると警告している。

ChinaStakesから:

北京の不動産市場で過去10年以上働いてきた人たちにとって、2008年は最悪であった。北京統計局によって発表された最新の数字は、1月から11月の間の住宅売り上げは総合7.389Mln/SqMで2007年同期から52.4%下落した。

売り上げ50%+の下落によりほとんどの新築住宅は空き家である。2008年12月末には、北京での建築中の売り物になる住宅とアパートメントは18万8031件に達した。そして完成して売れ残っている住宅とアパートが総合で17万4290件で36万件以上が市場に売れ残りとなっている。もし1年で12万件売却できれば、それは2007年のペース、少なくとも3年間で全てが売却できる、そしてそれはそれ以上に新しく建てられなければである。

新築価格の下落は中古住宅の価格にも直接影響している。21st-Century Real Estateによると、2008年下半期には市場にでている中古住宅価格の85%が平均8.9%の下落をした。

2009年は不動産業界の調整の年になるだろう。本質的にどんなブームも、住宅価格の上昇は早くて2011年まではこないだろう。

世界最大の不動産サービス会社、Savillsは上海の穂等地区のA-レベル商業不動産2008年空き家率は最高25.6%になるかもしれないと思う。

そして住宅市場、2008年上海で、新規住宅売り上げは57%下落した(前年比)。南京と杭州では、揚子江デルタ地区で他の2つの大都市で取引高は54.3%とおよそ50%下落した。これら3つの都市の価格は下落していないが業界の内部の人間は、開発業社が売り上げを促進するために価格を削減しなければいけないのは時間の問題だと言っている、2009年には多分最高15%~20%になるだろう。

そして最後に人民日報からで『69.6%の北京が住民が金融危機によって影響を受けている。』と書いてあった。

69.6%の住民が金融危機によって直接被害を受けていると言った、北京の18地区の2000人の住民に特別統計し 北京Social Facts と Public Opinion Survey Centerによって発表された。

ひどく被害を受けたという回答者は15.7%を占めていた。そのうち、この選択を選んだ回答者の比率は41歳から50歳代に一番高く22.2%にも上る。

さらに、統計は、金融危機に一番影響を受けていないのが教師で、一番被害を受けたのが自営/フリーランス労働者であった。

一月10万元以下の所得一般世帯はの中で、所得が低ければ低いほど金融危機の衝撃が大かった。

広告