Meredith Whitney:銀行はまだ負担がかかっている

投稿者: whitegru3

Oppenheimer & CoのアナリストMeredith Whitneyは何ヶ月も簡単なテーマで攻撃している:銀行は十分な資産がない、そして継続してもっと資金を調達する必要がある。彼女は2009年には休息を見ていない。

火曜日の遅くに発表されたコメントで、Whitneyは異なった種類の証券(ほとんどが銀行によって保有)のダウングレードのペースが金融機関の資本条件に負担をかけ続けるだろうと論争する。『証券がダウングレードすると、その証券に対して保持するために銀行はより高い’水準の資本が要求される。』と彼女のレポートを発表し、2007年7月からは$5兆の有価証券がダウングレードされていると書く。

その上、2008年の第4四半期には$2.4兆の証券がダウングレードされ、同時に銀行によって過去最高の資金調達活動が行われた。その時に$195Bln以上の資金調達が10金融機関によって行われ、およそ$110Blnの金がTARPプログラムからで、しかしそれを除いても第4四半期は民間の資金調達で一番積極的だった。

『$40Bln以上の評価損の計上と準備の他に、わたしたちは銀行株のグループを対象としている、そして長続きしているマイナスの業務レバレージ、わたしたちは資本の負担が格付けの変更の圧力から明らかになると予測する』


Money Lost, Money Needed

Quarter Downgrades (bil) Capital Raising (bil)
Q4 2007 $237.3 $35.9
Q1 2008 $739 $47.1
Q2 2008 $841.2 $70.5
Q3 2008 $956.6 $39.3
Q4 2008 $2,367.5 $195.2*

*-includes $110 billion in TARP funds
Source: Oppenheimer & Co.

広告