CBO:星を見ている?($1.2兆の財政赤字)

投稿者: whitegru3

Willem Buiterは多分予測していたより早く正しいと証明される。CBO(連邦議会予算事務局)はただ単に残虐なレポートを提供した(しかしこの事項にかかわっていたらそれほど驚くことでもない)財政赤字が$1.2兆をやや下回るぐらいになる、そして刺激策関連の予算が加えられる前の話である、それは今では$775Blnが’予想されている。

そして、CBO(連邦議会予算事務局)は楽観的な見通しで見ているように見える。よってObamaのプログラムを除いた財政赤字はもっと大きくなる可能性がある。

予算監視委員会は、多額の刺激策のような方針変更なしでは2009年に景気は2.2%縮小するだろうと警告し、失業率は2010年に9.2%にピークに達するだろう、住宅価格は更に14%下落し、景気は2015年まで潜在的成長量にもだらないだろう。

この部分はPaulsonの非公開の議会への脅しを思い出させるそれはもしTARPが通過しなかったらで、ハルマゲドンがやってくるだろうという。私たちはどちらにしてもそれが10月に起きたように感じれれるが、TARPが通過して(それか、通過したために?)市場観測者たちは失業率は刺激策を含んでも10~12%に行くと見ている。

もし彼らが、それが最悪の経済の下降に達する所と見ているなら、収益予測は楽観的過ぎる。ベースラインが高すぎる。

もう一つ明らかにすると:

CBO取締役代行Robert Sunshineは、TARPとして知られる$700Blnの助成金の費用はおよそ$189Blnで見積もってある。この金額は助成金が平均$1ごとに対して25㌣支払われる。Fannie MaeとFreddie Macを買収するコストが$238Blnでこれはほとんど全体が一回限りの費用であるけども。

そのFreddie/Fannieのコストの数字は新しい、そして初期に噂されていたより随分高いようである。

Prudent BearのMarshall Auerbachから;

$1兆の財政赤字の考えはすでにみんなの顔に星を浮かべている。

しかしその”星”の部分は、もし財政赤字が2010年にッ下がってくればで、確かに、先日Obamaは、財政赤字は長い間$1兆を越えているだろうと言った。

会計年度は10月1日に始まっている。

さて、どのようにしてObamaの余分な$750Blnの支出が、リセッションによる低い税金収入と組み合わされ2010年の名目上財政赤字を削減し、実質的に変化なしの2009年の名目GDPとして結果となるのか?

どちらか一方の増分支出の赤字が2009~2010年に$1兆を十分越えるだろう、それが財政赤字を10%近くにもって行く、もしそれがGDPそれ以上でなければ、又は名目のGDPが適切な財政刺激策の不足で実質的に5%以上の下落となるだろう。

両方の方向にはできない;財政赤字の削減と名目のGDPの変化なし。

もしそれらが歴史上の教訓が必要なら、1932年と1937年を調べてみるべきである。

予想ではObamaは$750以上使うだろう、赤字は$1.5兆近くに上がる。名目はそれでも下がる、なぜならその刺激策の遅延効果、と直ちに、赤字はGDPの10%を越えるだろう。

さもないと、どうか、誰か名目のGDPが2008年第4四半期のマイナス5%プラスから2009年に変わらず行くということを説明してほしい。

Bernie Madoffでさえその数字は達成できない。

広告