NY Times:中国は米債券から冷めてきている

投稿者: whitegru3

雨が降れば、土砂降りになる。米国人はニュースで米財政赤字が$1兆のマークを越えると伝えられ、それはObamaと議会が繁栄を買い取るために小切手を出す前で、その時にNY Times記事で中国、最大手債権提供者、は米国債を購入する観点からよりずっと気前がよくならないとあった。

NY Timesから:中国は米国負債を$1兆以上購入した、しかしグローバル経済下降が激化するにつれ、中国政府は自国に資金を保持し始めてきている、その動きが米国借用者にとって苦しい影響を及ぼす可能性がある。

米国債に対する中国の需要の減退は過去2週間で中国の政策立案者からの一連のヒントで明らかである、それと翌数日間に発表される公式の数字もであり、不都合な時にきている。

中国政府は$600Blnの自国の経済刺激策を払おうとしている――中国経済が低迷し税収が落ち込んでいる。監督機関は銀行により多くの金を小規模と中型の事業に貸し出すよう命令した、その多くは輸出の低迷で苦しんでいる、そして地方政府に新しい道路とその他のプロジェクトを建てるよう命令した。

『中国のTreasury購入のすべての主要なあおるものは消えていっている。ドルへ需要が徐々に弱くなり、Treasuryへの需要も徐々に弱くなるそしてそれが金利の見通しを複雑にする。』とRoyal Bank of Scotlandの香港支店エコノミスト Ben Simpfendorferは言う。

Fitch Ratings、格付け会社は中国の外貨準備は今年$177Bln増加するだろう予測する。-多額の数字だが昨年の予測$415Blnからは急激な削減となる。

人々の生活水準を高めるために中国を使う金の長期効果、そして米国が一つの貸手により依存度が低くなることは前向きなことでもある。しかしそのバラランスを取り戻すことは米国債の価値、又は中国の多額のその所有をを傷つけることがないよう徐々に起きなければいけない。

あまり言いたくないが、中国がその保持するTreaasuryに対して合理的になると、それらはサンクコスト(すでに支出が済んでおり、回収の可能性がないコスト)である。中国は現実的に$1に対して100㌣を見ることができる?答えは”NO”であろう。米国はインフレを作ろうと繰り出している(政策上では、デフレーションを避けえようと定着している。)追加で巨額の財政赤字が控えている、それに今後のFedの何とかして外観をきれいにする救済の高い確立(それらが提出してある額より確かに価値が安い不良資産を吸い上げている)がインフレを通じて必然的に伴うだろう。そして中国は2ケタ台のインフレであるから、米国がその針路に言っても不平はいえない。そしてそれは体制側を考慮する前である、調度全世界の経済がそうであるように、多分彼らの通貨に弱くなってほしい(弱いドルは米国債の価値を腐食する)

もう一つの危険は投資家が高いリターンをTresuryを保有することによって要求するだろう、それが米国政府にそれらの証券が支払う金利を上げるよう圧力を加えるだろう。それらの金利が上昇すると、それらが他の借り手が払う金利に圧力を加えるだろう。

なぜNY Timesはその価格は(そして従って利回り)入札によって設定されることを話していないのだろうか・それはTreasuryが持っている以上に統制があるように聞こえる(それは平均償還を短くし、又は新たな構造、しかし市場がほしい利回りの与えられた償還は与えられた量が提供できるそれがほしい利回りである)

前年第4四半期でのユーロに対する$の強さは中国の外貨準備の伸び悩みの原因となった。と中国の中銀への学者アドバイザーである Fan Gangは言う。

中国が巨額のTreasuryを吸い上げなければいけなかった理由は元を$に対して高騰しすぎることから守るためであることがNY Timesには書いていない、そして$の強さが中国の介入の必要性を和らげた。

中国はその準備金をかなり秘密にしておくことを何とか成し遂げている。しかしエコノミストたちは、およそ70%がドル建てで残りのほとんどがユーロである。

中国は国の全体の銀行セクターで有効に必要になるため多額の準備金に資金を供給した、その全体の銀行セクターは国営で、その貯蓄のおよそ1/5を取り上げ中銀に渡した。中銀はその代わりにその金を使って外国債を購入した。

今ではその中銀はこの条件を急激に減らして銀行に中国内で貸し出すよう勧めている。

同時に、3つの新しい傾向が中国へのよりすくない$の流入を意味する。–よって政府は米国債を買うための$をより少なく持つ。

その最初の傾向、あまり気づかれていないトレンドは、月次のFDI(海外直接投資)のペースが夏時から1/3以上も下落した。多国籍企業は現金を抱え込んでいるそして新しい工場の建築を削減している。

これは十分に不完全で誤解を招く。Michael Pettisは中国に流入した多くのホットマネーはFDIとして変装していると指摘している。

2つ目のトレンドは住宅市場の破裂と昨年の中国株式市場の2/3下落との組み合わせが多くの海外投資家―そして中国の投資家でさえ―は国の外へ金を移し始めている、厳しい通貨管理にもかかわらず。

非常の多くの中国マネーが香港に流入した。、そこでは自己の国際交換可能通貨がある。それで水曜日に先月に需要に見合う過去最高$16.6Blnの価値の余分な通貨を発行したと発表。

3つ目は更にこの先の中国への$の流れの低迷が多額の中国の貿易黒字の削減になる。

People’s Bank of Chinaの2人の高官、中国中銀、は別々のインタビューで、中国政府は中国通過元の上昇を防ぐために$を買うためのまだ十分資金があると言った。強い元は中国輸出をより弱くする。

WashingtonからのTreasuryのデータは、中国政府はここ何週間でその外貨通貨準備金の高い割り当てを$に分散し、ユーロにより少なくしているかもしれないと言っている。財務省のデータは中国はより多くのTreasuryを購入し、Fannie Mae又はFreddie Macを少なく、10月にはTreasury の購入が急激に増えた。

しかし国債マネーフローの専門家は、これらの統計には重視することには気をつけたほうが良いと警告する。その統計はほとんどが中国政府が直接購入した債権を数えており、ロンドンと香港の銀行を通じての購入が除かれている;金融危機が大行の銀行を軟弱にし、中国政府は過去と比べッ債権を直接に買う強い動機を持つ。

中国の全体の外貨準備の蓄積のペースは随分衰えてきた、たとえ全ての残りがTreasuryを購入していても、中国政府の全体のドル建て資産の購入は’衰えていくだろうとエコノミストたちは言う。

広告