配当:銀行が与えたものは、今では銀行が取り去る

投稿者: whitegru3

簡潔で適切な批評的な記事のなかで、NY TimesのFloyd Norrisが見たところでは好景気時に支払われた企業配当は広く理解されいたより銀行の寛大さによる傾向が高い。そしてクレジットが制限され、同じように配当も、より規則厳しい貸付決定の必然的な結果となる。

NY Timesから:

『配当はうそをつかない』

もう一つのWall Streetクリシェの死を書き留める

最新のブルマーケットで配当の支払いはブルにとって一番強い議論を提供した。多分決算の数字は捜査されていた可能性があるが、配当金支払いは現金が必要だった。もし企業が受け渡せる現金があったら、決算収益は本当であったと信頼できる。

それはうそだった。

認めざるを得ないことだが、Norrisの記事は’通常ジャーナリズムというより特別記事(コラム記事)であるが、白髪頭の女性の誰かが言葉を細かく刻まなかったことに称賛する。

2004年から2006年を通しての配当の良いニュースはしっかりした企業の業績ではなったことがだんだん明らかになってきている;それはただ単に手ぬるい貸付基準のもう一つの兆候であった。悪いクレジットの住宅所有者たちにに金を手渡していた金融業者たちは法人の借主よりももっと気前がよかった。

今では状況が逆転した。調度終わった四半期は米国企業にとって50年間で最悪の配当のニュースとなった、そしてこの四半期はもっと悪いだろう。多くの企業役員会は年度の業績を批評し毎年の最初の2ヶ月の間の配当をどうするか決断する、そしてそれは楽しい時ではないだろう。

それらのかいぎが終了するまでは、配当が高い株を購入するのは危険がある。

企業は2004年から2006年を通してそれらの日々には現金を見せびらかせていたが、そのいくつかは楽観的な会計報告から生じていた蜃気楼だった、特に銀行で。そのほかのケースで、現金は本当であったが、それは企業資金に大変長い間滞在しなかった。Wall Streetは株主の価値の原則を伝道していた、そして米国の実業界は前例のない速度で株を買い戻した。

2004年の第4四半期から2008年第3四半期を通して、S&P 500の企業は―一般に全米で最大の企業―純利益$2.4兆を計上した。それらは$900Blnの配当を支払ったが、更に$1.7兆の株を買い戻した。

グループとして、株主はその4年間の期間で企業が稼いだ収益よりおよそ$200Blnも支払われた。2008年の急落時に自分の株式を保持して苦しんでいる投資家は株を投げ捨てていた投資家は忠実な保有者よりおよそ2ばいの金を所得したという事実をつくづく考えて見ても良いかもしれない。

経験豊かな投資家がその時にこう言った『もし彼らが自分たちのビジネスに投資を好まないのになぜ私がその会社に投資をすべきなのか?』

広告