中国中銀はトレードを$の変わりに元での決済するプログラムを試験中

投稿者: whitegru3

中華人民銀行による$建て請求から離れるこの動きを無視することは簡単であるが、トレードの取り扱いを他の通貨建てに使用する事実は上昇してきている。2月にもうすでにこのGlobe and Mailの記事で引き合いに出していた。

大手宝石商De Beers SAのCEOがグローバル・ダイヤモンド業界はその光沢のある宝石を米$以外の他の通貨での値段付け考慮することを提案した時波風を立てた。

そのコメントは、世界最大のダイヤモンド会社の社長から、は最新のドルの全盛期は消えていっている一連の兆候である。

UBS Investment Researchのレポートでは、米$をグローバル準備通貨として抹消するのは間違えで、それはおおよそ90年間の根付いたそのポジションがゆるんできている。『国債準備通貨として米$の使用は下落にある。』とUBSのエコノミストPaul Donovanは言う。

『国際取引での$のマーケット・シェアはこの先数ヶ月、数年下落する傾向にあるだろう、しかし持続する政策の間違い又はかなりの財政負担だけが―$が準備通貨としての地位を全体的に失う原因になることだろう』

UBSのレポートは米$の徐々の下落は世界の中銀によって動かされるものではないが、民間、個々の企業が益々米ドルを国際通貨の選択として見捨て始めて来ていると主張する。

『民間セクターの準備金の使用は公的、中銀の準備金より重要で―20倍誓い重要性がある。解釈によってだが、『Donovanは言う『2000年から民間のセクターの準備通貨が$を離れているという証拠が加速している。』

Financial Timesの3月の記事に中国輸出業者は特に米$に警戒心を抱いていると書いてあった。

数増えている中国輸出業者は米$を避けているか、又はその下落している通貨の衝撃を相殺するための方法を考案して、母国での労働賃金と原料コストの上昇に立ち向かうために。

Alibaba.comによると、中国の納入業者と国際バイヤーを結びつかせるオン・ライン会社、は莫大な大多数のおよそ70万中国納入業者は非米国取引の決済には外国為替のリスクを最小限にするために米$はもう使っていない。

よって保留の中国人民銀行の元建て取引決済システムの試験は地上での現実への反応と読み取れる。しかし米国レポートのもっと更に$に基本的に不満であるということがNY Timesの8月に書かれていた。

Northwestern Universityで中国中央銀行業務を専門に勉強しているVictor Shihは、今年の夏に一連の会議で中国人民銀行を訪れた時に、彼はどれだけ多くの高官がその機関の損失($資産で)に腹を立てていたことに驚いた。

彼はその高官たちは米国のせいにしている、そして中国で一年前に出版されたベスト・セラー”Currency War”の本で説明されている論争を招くsh長を信じていた。その本にはアメリカ合衆国が後に価値が急落するのを承知でわざと中国にその証券を買うよう誘惑した書いてある。

『中国のおおくの政策立案者、少なくとも中堅の立案者はこれを信じている』とShihは言った。

10月にロイターが正面からの攻撃で記事に、認可されるかもしれないかもしれないとあった:

米国は$の優勢性を不当に扱うことで全世界の富を略奪した、そして世界は緊急に他の通貨がその地位を受け継ぐ必要がある。と金曜日の中国国家新聞に書かれていた。

人民日報の海外版一面の時事解説にアジア、欧州諸国はまず第一に直接取引きの関係から$を追放するべきであるとあった、自国の通貨にだけ依存すべきである。

人民日報は中国与党共産党の公式新聞である。中国言語海外版はその主の新聞の小規模流通姉妹紙である。

その発表は直接の指導者の意見の声とは限らない、がその時事解説、直近のコメントと合わせ、中国のWashingtonの経済方針への軽蔑の合唱が膨らんでたまって来ているそして金融危機の発祥でグローバル・金融優勢性に対して。

よってここで見られるこの背景幕に対して、その試験プログラムは$へのエクスポジャーを減らす協調の努力のように見られる、たとえそれが孤立して大変重要でなくとも。

Shanghai Dailyから:

中国中銀は昨日、試験的にプログラムで海外でのトレードを米$の変わりに中国通貨で決済することを実施する計画をすると言った。

中華人民銀行は海外の経済と金融協力を拡大し、グローバル金融危機を適切に取り扱う』と中銀は言った。

『われわれはグローバル金融危機に取り組むために国際的な努力に活発的に協力する、その間国民の利益を安全保護すると同時に』と中銀は言った。

中国は広東省と揚子江デルタ地区の間で元を決済に使うことを許可する、中国の2大経済と香港の特別管轄地区とマカオでも。

その間に、Guangxi Zhuang Autonomous Regionと南西部中国の雲南省の輸出業者は東南アジア諸国の組合のメンバーとの支払いを元で決済することを許す。

これらの動きは海外の取引を促進すると予測される、中国輸出業者は米$で支払いを継続すると損失に面するかもしれないとアナリストたちは言った。$の為替レートはグローバル金融危機が始まってからもっと値荒くなった。

中国の中銀は元の為替レートをより柔軟にし基本的に正当なバランスの取れた水準に安定させると言った。

元の通貨上昇が衰えを見せるだろうという憶測がある、それが中国の輸出業者を海外市場で価格有利を保ち助けになるだろう。

注意、中国は少しの間固定した通貨の体制に対して議論している。彼らの観点から、それは完全に筋が通っている。通貨の不安定さは取り引きには妨害物である、それは不透明感を増やすからである。

広告