Chaseは非行:Fedの新クレジット・カード規制の予期せぬ結果

投稿者: whitegru3

12月末に、銀行業務監督機関は消費者保護団体が不正であると見なすクレジット・カード発行体による活動を制限する新規制に承諾した。その新規制は2010年7月までは有効にならないが監督機関は早めに銀行に規制を適合させると主張する。

その保留の規制変更が銀行へクレジットを制限させる方向へ導き、特にリスクの高い借用者に、と専門家は議論した。それらが考慮に入れていないのが、銀行が既存の残高のレートを上げ、たとえ支払いをちゃんとしている顧客でも残高があれば残高のレートを上げるかもしれないと言うこと(異なった種類の”捕まった”コストを損失を埋め合わせをするため)

そんなことできないと思う?もう一度考えてみよう。次は通貨監督庁から:

銀行は通常、口座条件、クレジット・カード、又はオープン・エンド型のクレジット(毎月の返済額や返済回数が変わっていくローンの返済方法。リボルビング方式がこれに当たる。)、金利を含むをいつでもを変更することができる、もしそのオープン・エンド型クレジットが受託によって保証されていなければ、そしてその結果特別規制の対象となり許される条件に課される制限がされる。その法律は、ある口座の条項、金利などが変更されると、報告する必要がある。もし銀行がそれらのローンの条件の一つを変更するつもりなら、その変更の少なくとも15日前までに条項の変更を送らなければいけない。

15日の事前通告の条件は適応されないもし:

・ その顧客がその変更に承諾した、又は

・ その変更が支払い延滞又はデフォルト(制限を越える)が理由

これらの両方の例では、銀行は、その変更の有効日の前までになんらかの報告を用意しなければいけないが、15日の規制はない。

必ず自分の口座契約を再調査するべきある、それが自分のクレジット・カードを管理する契約書である。それには自分の口座に起こりえる変化についての情報が提供されている。

もし条項変更の報告を受け取ったら、その銀行が条項の変更の免除する道を提供したかチェックすべきである。いくつかの銀行は将来の購入への口座を閉めることによりその口座の低いレートを保存することを許可し、既存の口座条項で残高を支払える。これはもし既存の残高があれば重要である。

注意:もし銀行が免除することを許さなければ、閉じ込められてしまう。そしてChase、多分その他の銀行も、その経路を使っている。ある人のE-mailを例にとって見ました:

私の妻(1月9日2009年の時点で3つのクレジット・スコアは全て740以上、失業なし、又はその他の不名誉なことはない)が残高の移動に申し込みをした、それは広告でChaseでの2006年の残高に永久3.99%固定金利とあった。私の妻は支払いが遅れた事が一度もなく、購入のために与えられた高い金利では一度も物を購入したことがない。そのカードは今から28ヶ月は有効期限が切れない。

Chaseは条項の変更の報告を次の選択で送ったと主張する。

i) レートはその残高には7.99%に変更、又は

ii) 月次$10のサービス手数料と5%の残高最適支払額(これらの選択はカスタマー・サービス・マネジャーごとで、私たちは条項の変更を受け取らなかった。)

信用限度はわずか$3,000、残高はわずか$1,750で私たちはそれをくらいは十分流動性がある。しかし私は次の事で激怒した。

a) そのカードで(購入レートは24.4%であった)実際に購入させるためにさそう低い金利での購入の正当なカウンター・オファーがなかった。

b) 月次$10のサービス・チャージは実際に毎月払う金利の2倍に値する。そのマーケティングの目標は24.4%課される残高を蓄積するためにそのカードを私たちに使わせること、そして支払いはわずか3.99%に適応される。しかしマーケティングの人々はプロモーションはリベートのオファーと同じであると考えている、そこでほんのわずかな人がリベートの申し込みをする、又はこのケースでは残高の移動だけをする。わたしは誰か意欲を持った弁護士が”うその広告”訴訟を代表しないだろうか。

c) JP Morganが$25Blnを5%のレートで受け取り、そして瞬時に必死に自分たちに収益を膨らませようとしている。これがFedのクレジット・カードの新規制の予期せぬ結果のひとつになる可能性があると理解する。しかし、Chaseにしてみれば、彼らの決断でこれを実行することにしたのが9月で条項の変更は10月の初旬に手紙で送られてきた。Chaseはその策はわかっていてFedが不誠実な行動を取り締まる前にレート変更しなければいけないとわかっていた。

10月に金利を変更したのはChaseは一人だけではない。議会はもし連邦銀行業務監督機関がしなければ、行動を起こす計画であるとその前兆がしばらくの間ある。

たとえ、通貨監督庁(OCC)がこのような自由な許可をしても、もしその提供者が”残高のある間は一生固定金利”を提供、それは2002年~2006年に提供された固定金利のはんらんを見ているようなことを思い出す。それは広告詐欺として見られている。しかしどのケースでも団体訴訟ベースで追求されなければいけない。そしてそれは何人の人がその発見したケースの段階の前に特定の銀行レートの行動で影響されていあたか確認するのは難しい。

警告:銀行は条項の変更の報告を月次のステートメントと一緒に送るかもしれない。もし支払いをおん・ラインでするなら、郵送されたステートメントをチェックするべきである。

広告