中国は貸付を奨励するために不良債権規制を緩める

投稿者: whitegru3

もう一つの兆候で、中国のスランプは官僚からの危機へ反応を呼び起こすのに十分深刻である、そこでの銀行の高官は、銀行不良債権レシオの規制を緩めていると報道した。その目的は銀行に可能性あるビジネスを持つ借用者で短期的な困難を経験してる人に継続してクレジットを延長することを奨励することにある。心配は、もちろん、銀行がどの人が乗り越えていけるか決断する悩みで、たやすく多くの不良債権が積み上がる可能性がある。

Bloombergから:中国銀行監督管理委員会は不良ローンの残高と比率を5年間の減少後、削減する目標を取り下げる。そしてその代わりに不良債権の巨額ですばやい跳ね返りを防ぐことを目的とする。と議長Liu Mingkangは言った。

より緩やかな条件が不良ローンの急増の不安を増幅させるかもしれない。中国が銀行業システムの清掃を終えて4年間$500Bln以上のコストがかかった。金融業者は資産品質の衰え、デフォルトの増加と2009年にかなりの収益圧縮に面してくるかもしれない。とS&Pは1月7日に言った。

『私たちが心配しているのは政府の妨害に下で銀行が適切にリスクを確認することなしに貸付を増加することである。北京ベースの格付け会社のアナリスト Liao Qiangは言った。『政府は苦しい時期に健全な規制の条件を緩める傾向にある。重要なことは銀行がどのように反応するかである。』

クレジットを増進させる手段は銀行をグローバル・リセッションによる一時の金融難によって苦しむビジネスで、健全なファンダメンタルズを持つ、に貸付を許可する事を含むとLiuは言った。金融業者は更にローンを再構成し科学的に負債の償還と種類を調整することができるそして監督機関はローンの販売と証券を支持するとLiuは詳しい詳細はなしに言った。

監督機関は不良ローンの増加には相応の寛大さを持つだろうとLiu言った。企業収益の縮小と地方政府の妨害が深刻に借用者の借金を払い戻す意欲を削減した。銀行は6ヶ月前までの平均不良ローン6.3%を9月の末に5.49%に削減した。

それでも、CBRC(中国銀行監督管理委員会)は既存のローンを張り戻すために新規のプロジェクトローンの引き受けをすることを企業に厳しく禁止する、そして実績の悪い資産を証券に一まとめする事を禁止すると記録文書に書かれていた。銀行は投資家がそれに関連する承諾を得るまでは清算プロジェクトに貸し出すことは許可しない。

広告