破たんでの債券の回収は過去の景気下降期より可能性が低い

投稿者: whitegru3

Junk債の利回りが直近で最高20%近くに上った(最近少しは回復したが)幾人かの解説者はその記録的なスプレッドの広がりはやりすぎだと考えている。

特定のJunk債の利回り水準が安いか適切であるかは視点はないが、苦境にある企業が抱えている債券が過去の下降期よりも随分行き詰まっている最もな理由があることは確かである。その理由のいくつかは:

1.Junk発行体の記録的な分け前(格付けされている会社の半分以上)と言うことは、より多くの会社が壁にぶち当たる。(簡単に、よりレバレージされているおかげで)その代わりにより多くの部署/企業が同時に請願者を探していると言う意味でもあり、処理をする資金融資により多くの競争相手が、それは彼らに対して過去と比べてより悪い条件を意味する。そしてそれはこのクレジット危機が戦後前任者と比べてより新興であると言う事実に入る前である、そして通常の安値買いの投資家はみんな手一杯である。(プライベート・エクイティー・ファンド、裕福な家族、Ron Perlmanのようなレイダーズ、乗っ取り屋)

2.Cov-lite(拘束の軽い契約)の普及は企業は最終的に倒れる時にもっと悪い状態にあるだろうと言う意味。なぜ?特約のせいで、債権者は会社の運営に制限を課すことができる、そして深刻な問題が最初に発展するときに債券再構築/再交渉を強制することができる。いざとなったら、その債権者はそれをChapter 11の申請へ強制ができる。(彼らはその負債を促進することができる、もしその特約が(Covenants)が違反されると払い戻しを要求すると言う意味)と言うことは、列車が完全に脱線する前に債権者が価格を保護するための手段を取ることができると言うこと。債券保持者が中性化されるときのその代わりになるものは、その会社が完全に燃料切れになるまで走り続けることである。そしてそのシナリオでは通常回復価値はより少ない。

Financial Timesが今日の記事で、今回の回復価値は過去のリセッションよりかなり低くなるという考えの確認を提供している。

下降期の厳しさと企業債券がクレジット・ブームに構成された複雑な方法との組み合わせが、デフォルトする企業に投資した資金の回収レートを削減する。

Tribuneに関連するクレジット・デリバティブの決済、今では破たんした新聞会社グループ、先週可能性ある弱点の兆候を提供した。その債券の価格は$1に対してほんのわずか1.5㌣で決済された。ローンには価格が23.75㌣で設定された。

債券者が回復するものはその数ヶ月間に破たん裁判所で何とか解決され、それは高くなるかも、低くなるかもしれない。

Advent Capitalの取締役David Bullockは『歴史的にひどい苦境の経済で歴史的に高い水準でレバレージがかけられている。』

Moody’s Investors Serviceの企業デフォルト・リサーチの取締役Kenneth Emeryは、そのリセッションの厳しさにおいて、彼の期間は、シニア・無担保債の平均回復価格が$1に対して最低15㌣まで下落しても驚きはないと言った。

ローンの回復価格は、伝統的に$1に対しておよそ87㌣近辺になっている、平均で52㌣になる可能性がある。これはデフォルトの増加だけが影響するだけでなく、ブーム時に構成されたバランス・シートの方法にもである。

レバレージローンは総計でおよそ$600Bln、2000年の$117Blnから増加している(S&PのLCDによると)。トップ・ヘビーの資本構成―債券保有者の前に払いも出されるローン―ということはより多くのローン投資家が破たんした会社の資産を分割しなければいけないと言う意味。それが同時にそれらの下の債券保有者にほとんど何も残らないと言うことである。

ゆるい貸付条件が財政再構成を強制することができる引き金をほとんどもたらさなかった。

これが苦しんでいる会社がデフォルトして資産のその価値を掘り崩す前に継続して運営させる。清算、これはより低い回復となり、更にきつめのクレジット状況が破たんで再編成するために資金融資を取得する会社妨げるのを増やすと予測される。

注記で、これらのCov-lite(特約)の構成が投資家のより大きな損失を超えてひどい現実の世界の影響を及ぼす。清算(再構成と反対に)はより多くの失業者という意味である。

広告