FT:Citiは投資銀行と商業銀行に分離

投稿者: whitegru3

皮肉すぎる、そしてすこしかわいそうでもある。1990年代にはCitiで働いていたこともあり、NY,ロンドン支店で活躍した経験がある。そしてSmith Barney, Shearson, Salomon, Travelars、そしてCitigroupへの変化を見てきた。そしてそれは商業銀行のドンキホーテ流の努力が依然として収益を追いやれるようであった:小型の顧客、より簡単な契約。JP Morgan、そこはどちらかと言うとそのころは最大の企業顧客とのより深い関係を持っていたおかげでより良い状況下にあった、さらに、巨大な上り坂の重い足取りがあった。もしJP Morganの1990年初期の目標の10年間の長い追跡に戻って見てみると、それはついにけん引力がかかり始めてきた(低いマージンの商品の簡素なもの)投資へのリターンはすごく魅力的なものではんかったはずだ。

しかし、堅く決心した競争相手が達成できることを、もし継続すれば、絶対に見くびるべきではない。皮肉にも、商業銀行が成功した。調度日系の自動車メーカーしたように、だれもそれだけのチャンスがあるとは思ったいなかった至上で重大のプレイヤーとなった。しかしどの日系自動車メーカーはCitiのようなこう着状態な悲しい状況にはなっていない、自らの野望のわなに陥って(シェークスピアのハムレットで使われた表現で「自分が仕掛けた爆弾で吹き飛ばされて」が原義。)

今ではそれは実際には悲しいことではないとも言える、Citiは多すぎる顧客を多すぎる市場で提供するモデルを追求した。ユニバーサル銀行業のモデルには懐疑的で(小さい市場だったらたぶん、一つの国だったら)組織体の複雑さは管理職が適切な監督を事項できる能力をはるかに越えて成長している。そしてその帝国の大部分をトレーダーと投資銀行員の手中に治められていると、それらの最初の忠誠は彼らの給与となる、監督のどんな不足でもきっと戻ってきて付きまとうだろう。

しかし、もっと広範囲に渡って、前にも言ったように、Citiは自分自身で片づけをしている(大赤字により緊急動作ではないと与えて)ことは大きな前進する第一歩である。その銀行だけにではなく、経済にとっても。銀行業界は再構成化、合理化、最資本化されなければいけない。大きすぎて扱いにくい銀行(そしてCitiがここでは最大の罪人である)は最大の問題があると見受けられる。Citiがより管理しやすい構成へ向かって動くことは前向きの一歩である。そしてCitiの構成会社の一部が破綻するのは大きすぎるとしても、(結論はそこにでている)小規模の部門をきれいにするのはより簡単である。

このような行動のもう一つの大きな長所は銀行システムの相互関連性を削減ことを助けることになるかもしれない。Citiはこれまでは一匹狼だが、その動きはどこか他の場所でも負けまいと努めている。Richard Bookstaberは金融システムは蜜結合されていると議論、その出来事がシステムを通じて防火体なしに又は、この過程を説明する簡単な方法なしにすばやく繁殖する。より小さい、もっと集中したプレイヤーはなんらか金融システムの過剰統一を削減している、そしてその結果システム的失敗の確立を下げる。

Financial Timesから:Citigroupはそのブローバル銀行業務から問題ある投資銀行の大部分と高いリスクのある米国消費者金融ビジネスを分けることによって生き残りのために劇的な試みで自社をばらばらにする。

期間投資家の運営は自己のP&Lと管理情報システム持っているそうで、その分裂は理論的に管理の観点から実施することはそれほど難しいことではない。

銀行員は、不要な部分は最終的に完全に区別された事業体に分かれて独立されることだろうと言った。しかし、それまではそれはCitiの親子会社の部門として運営されることだろう、業績の悪いビジネスと資産を孤立させることを試み。

それが米国でのその権力の及ぶ領域を制限するだろう、そこではCitiはBank of AmericaとJP Morganのようなライバルの広範囲にわたる支店のネットワークがいままでなかった。Citiは11月に官僚による$300Blnの救済で救われた後、その分散されたポートフォリオを合理化し資金を調達するように米国政府から圧力を受けている。Citiによる決定、$50Bln以上のクレジットがらみの損失に苦しみ来週にはもう一段の多額の第4四半期の決算結果で損失を発表する予測、はグローバル金融業会へ余波となるだろう。

JP Morgan、BofA、Wells Fargoのような米国のライバルはCitiの消費者金融ビジネスからの脱出をうまく利用することができるだろう、その間Goldman SachsとMorgan Stanleyはその動きで多くの投資銀行業務から離れることで恩恵をすけることになるだろう。

広告