2008年フォークロジャーの申告件数81%増

投稿者: whitegru3

フォークロジャーの活動を測定するための問題の一つはデータがかなり低調。

アナリストたちと投資家に近親なかなり少ない政府の統計が、GDP,インフレーションの統計のような、随分疑わしい。

それで政府だけを不公平に非難していると思ってはいけない;民間のセクターから出される測定も疑わしいものがある。最もたるものがフォークロジャーの統計である、それが弱い住宅市場のおかげで普通より興味を持っている。

LA Timesの記事で、”Getting a Fix on Forclosure Data,”(フォークロジャーのデータにつついてはっきり理解する)2つの最も広く知られているフォークロジャーのデータ、RealtyTrac と DataQuickはほとんど明らかに不正確である。RealtyTrac はフォークロジャーの過程で全ての段階をフォークロージャーとして数える、そして同じ物件での複数の抵当へのデータの修正なしで勘定につける、その結果、数字は明らかに高すぎる。専門家はDataQuickの結果は低すぎると非難する。そしてその違いは大きい。カリフォルニア州で、RealtyTracは2月のフォークロジャー申請件数14万2,149件。DataQuickの数字は1万2,672であった。

しかし定義の問題からも正確な回答に達するにはほとんど不可能である。

どうやらフォークロジャーのデータは実際にどの時期に何人の人が家を失ったかはわからないようだ。しかし一つサービス(今日のアップデートの場合はRealtyTrac)からのデータの傾向はたぶんトレンドと大きさを探る良い指標である。そしてその光景はよくない。

Bloombergから:米国のフォークロジャー申告件数は昨年から81%増えた。住宅価格が下落し、きつめのモーゲージ貸付と25年間で最長のリセッションが不動産所有者を虐待したとRealtyTracは言った。

230万件以上の物件がデフォルトし、競売通告を受け、又は金融業者によって押収された。それはRealtyTracが4年間の記録管理で最高となった。申請件数は12月に前年から41%上昇し30万3410件となった。

米銀行と州の法律によって提供されたフォークロジャー防止プログラムは一時的に不動産の差し押さえを遅らせ、このフォークロジャー津波を衰えさる本当の成功にはなっていない。とRealtyTracのCEO James Saccacioは言った。54世帯に1件は、1.8%の世帯は2008年に少なくとも1回の申告を受け取った。

12月のフォークロジャー申告は11月から17%増加。2008年総計は320万件に達した。、それは影響された230万件の物件のいくつかに対して複合の申告を含む

広告