Treasuryを継続して買っている中国

投稿者: whitegru3

中国の経済状態のの悪化は今までにもすでに伝えてきていて、その衰えがたいていの主流のフォーキャスターが予測しているより悪くなるだろうという見方が明白である(その予測は今では下方修正されているが)。そのような見方がよく、より低い中国輸出の水準がTreasuryの購入の急速な減少を導くことを意味する、たぶん逆転して、その結果Treasury市場はもうすぐひどい逆転の型にはまる。

しかし中国の経済のアンワインドが、Treasury市場が下降気流に入るその原因にはならないだろう。Council on Foreign RelationsのBrad Sester が”世界の商品に対しての中国の需要下落に心配、Treasuryに対する中国の重要の下落はない”に説明してある。

http://blogs.cfr.org/setser/2009/01/18/it-is-the-time-to-worry-about-a-fall-in-chinas-demand-for-the-worlds-goods-not-a-fall-in-chinas-demand-for-treasuries/

今月の初旬に、WSJは、中国の輸出が12月に急速に下落を見せたにもかかわらず、輸入はそれ以上に下落をした。今では輸入物価が安定し(商品価格はある時点で底打ちする)、輸入がそれほど早く下落することは終えるだろう、しかし一般的な要点は維持:グローバル貿易が落ち込んだ水準で中国は貿易黒字が継続されるだろう。

と言うことは、中国は(まだ巨額の黒字で走っている)、他の要因が不在として、海外資産を継続して購入するということだ。今では中国がドルから資産が離れることもできるが、貿易市場の劣化だけでは中国がTreasuryを購入することをやめる十分な理由ではない。

Treasury Bondに懐疑的になる理由はある、はっきり言うと、財政赤字の大幅増加と米国政府が責任を引き受けた数多くの条件付負債である。しかし中国の衰えはTreasuryに及ぼす及ぼす影響よりも商品市場へもっと大きな衝撃を与える、そしてその傾向は持続すようである。

Brad Sesterの記事から:中国経済が急激に衰えを見せたとしよう―中国のOECD景気先行指数の驚くべき下落から不可能な進展でもない。それが中国の国際収支にどのように影響するだろうか?

最初の衝撃はかなり見え透いているだろう。中国の輸入が減る。購入が減る。中国の立ち上がりから中国の需要が異なった商品の価格を上昇することを助けた、中国の需要の下落が価格を下げるだろうと言うことは理にかなっている。たぶんそれはもう起こっているはず。それは中国の輸入請求の大幅下落が意味する。そして貿易黒字の拡大。グローバル経済の衰えが中国輸出を傷つけるが、このシナリオでは中国は世界全体よりも低迷する。と言うことは中国の輸入はその輸出より下落する。中国の貿易黒字は拡大する。

しかしその経常収支の黒字は貯蓄と投資の格差で決定されるともいえのに、なぜ景気の衰えで変化する?簡単である。中国の景気後退は投資の下落に影響する(特に新築ビルディングなど)投資の下落と同じ水準の貯蓄はより大きい経常収支黒字意味する。実際には、貯蓄が少し下落する可能性があっても、-景気後退がビジネスの収益に食い込んで、ビジネス貯蓄に。中国の一般世帯が所得が減り消費を保持するために貯金率を減らす可能性がある。しかし中国の一般世帯は将来のことが心配になりより多く貯金をするかもしれない。もっと妥当だとされる推測で投資の下落が貯金の下落を追い抜き、より多くの中国の貯蓄を世界に貸し出すよう自由にされる。その貯蓄の余剰がTreasuryとエイジェンシーの過去は入ってきていた。

Sesterは最近の複雑な要因に目を向ける、ホット・マネーの大移動:

成長の保存は経常収支のバランスと資本流出の両方の機能であるから、資本の流出の増加が経常収支の拡大を圧倒する可能性もある。それが第4四半期に起こったようだ。

そのような流出の不在では、中国の経常収支の黒字が、中国はほとんど確実にTreasuryの保有を増やし続けるとことを意味する。そして、たとえ大量の資金の流出があっても―すごく大量で中国の経常収支黒字を追い抜いて中国政府はドルに対する中国の需要の急増に見合うためにその準備金に手をつけなければいけない―中国はまだ残りの世界を融資している。民間の中国貯蓄者による外国資産の蓄積は中国中銀により外国資産の蓄積に代行する、しかし金はそれでも中国から出て行く。そしてその流出された資金のいくらかはそれでもTreasuryへと道を探している

広告