中国は2008年第4四半期の経済成長6.8%を主張

投稿者: whitegru3

何人かのアナリストたちは、GDPの発表より経済の活動のもっと正確な代理として電力消費量を見ている。1月12日のBloombergからの発表で:

電力消費量は10月に前年から4%下落し、2005年3月以来の初めての下落となった。そして11月には9.6%の下落。政府はまだ12月の数字を発表していない。

電力消費の中には自由裁量の構成要素がある。そして以前浪費家の使用者は急に倹約し始めることができる。そして中国の燃料は政府補助となっているから、2008年の上半期に原油価格が急上昇した時にしょうひを削減する強い奨励はなかった。よって電量消費量が経済活動よりはやく下落と考えることは道理が通ってなくはない。

それにしても、電力消費の激減は経済成長の低いの水準でさえ一貫していない。Bloombergには中国のGDP第4四半期が6.8%成長(前年比)と発表された、第3四半期は9%の伸びだった。統計局の発表で、この数字はBloombergニュースが統計を取った12エコノミストたちの平均と同等である。

それにもかかわらず、予想されていた発表はそれが驚きの様に扱われている。

『それは思いがけなく急な衰えである。』 Macquarie Securitiesのエコノミスト Paul Caveyは言った。『わたしたちはまだ全ての苦痛は見ていない。』

経済内破が共産党支配への恐れをもたらし、政府が元を通過引き下げを実施する可能性を高め、貿易戦争を刺激する。とSociete Generale SAのグローバル・ストラテジストAlbert Edwardsは言った。

輸出は今年には6%下落し、2008年は17.2%の上昇を見せた。(Fitch Ratingsから)中国はすでに輸出業者を助けるために$に対して元の上昇を引き止めた。

たるんでいる不動産市場がすばやい経済回復の可能性を低くする。住宅価格は70都市横断して12月に記録的な初めての下落を見せた。そして建築業は今年には30%の縮小を見せるだろうとMacquarie Securitiesの不動産アナリストEva Leeは言った。

経済成長は2009年に2%へ弱まるかもしれない、少なくとも過去30年で最低の水準であるとBalestra Capital Ltdのチーフ・マーケット・アナリストRyan Atkinsonは言った。

広告