Thainは地位を追われる、NY検事総長Cuomoがメリルのボーナスを捜査中

投稿者: whitegru3

Bank of AmericaのCEO Ken Lewisは前メリルのリーダーJohn Thainに不作法な追放を昨日早く渡した、ほんのわずかメリルとの契約を完了した1ヵ月後である、一つ余計なひどい驚きの後に:メリルの第4四半期の悪化、メリルが事実上ボーナスを早期支払うことでBofAを息詰まらせた、こうして銀行にその支払いの再検討をする機会とそれらが適切であるか確認することを奪う。

Wall Street Journalから:Bank of AmericaはThainへの信頼を失った…Lewisが、Thain自身からではなくBank of Americaとメリル合併を手がけている移行作業チームからメリルの第4四半期の損失が積み上がっていると学んだ。そしてLewisがThainにどうしたんだと尋ねると、Bank of AmericaのCEOは何が起きているのか?となぜ?の良い説明が取得できなかった。

Bank of AmericaのCEOは更に、Thainは多方面に渡って誤った判断をした。彼は、その損失が明るみに出てメリルのボーナスの支払いが年末前に取得できるように早められ、彼はコロラド州のVailに休暇に行った。ThainはBank of Americaがその旅行は適切ではないと合図を出したにもかかわらずこの週にスイスのDavoに戻る計画を立てた。

CNBCのスライド・ショーでThainがメリルのCEOで使ったいくつかを記録にとどめている。

John Thainが2008年初期にメリル・リンチのCEOになった時に、Michael S. Smithを雇い彼のオフィス一式を改造する設計をさせた。書類によると総額は$1.22Mln。下記がそのリストである:

Area Rug(じゅうたん)  $87,784
Mahogany Pedestal Table(マホガニー・ 一本足のテーブル) $25,713
19th Century Credenza(19世紀食器棚) $68,179
Pendant Light Furniture (吊り下げ照明器具) $19,751
4 Pairs of Curtains (カーテン:4) $28,091
Pair of Guest Chairs(ゲスト用のいす:2) $87,784
George IV Chair(ジョージ4世王のいす)  $18,468
6 Wall Sconces $2,741
Parchment Waste Can (高級紙ごみ箱) $1,405
Roman Shade Fabric(ローマンシェード・布地) $10,967
Roman Shades $7,315
Coffee Table (コーヒーテーブル) $5,852
Commode on Legs(移動式洗面台) $35,115….

Thainはその他にも彼の運転手に$230,000(年収)を払った、それにはドライバーの$85,000の給与とボーナス$18,000、残業分$128,000が含まれている。重役ののドライバーは通常その金額の半分が平均である。

この火にガスをかけるようになるが、NY検事総長がメリル・ボーナスの早期支払いを調査しているという報告が入った。

大きい範囲での前後関係はどういう意味であろうか?それは、Thainが彼の保留の雇用主から少しすばやい引き抜きがなくても、長く生き残れなったは推測できる。Bank Of Americaはまだ伝統的な銀行業の風習がある。そして高い報酬を与える銀行としては有名ではなく、より柔軟な買収を持って運営(たとえばBofAは多くのウエルス・マネジャーと重要な顧客をUS Trustを買収した時に失った、そしてプリベート・バンキングは特に自由の利くビジネスではない)それがThainを弁護するのではないが、ただ単に、より少ない疑わしい状況でも、彼は長くは生き残れなかっただろう。

しかしこの動きは、CEOと上階級の特権に対しての態度の大変貌の兆候であろうか、悲しいことにそれには疑問がある。最悪の過剰は抑制されるが、大変多くの道理に通らない行動が役員会に容認されて見られてきていてファンダメンタルズの変更が効果を見せるまで長いことかかるだろう。Sandy Weillが彼のオフィスに実際の暖炉を取り付けたことに反対した人がいた?(Thainの内装より非常に高い費用がかかっていた)GEの株主は、Jack Welchが離婚するまで彼の全ての特権を知っていた?

しかしThainの報酬についての雑音はたぶん、実情の問題からの注目をそらすためにそれが無意識に行われたよりは重要ではない。金融セクター多くの(すべて)の大手プレーヤーは債務超過で破たん寸前である。彼らのクレジットロスは彼らの純資産より大きい。これらの会社は監獄入りだ。

してまだ、それらは私事のふりをしている。その混乱を作成した管理職をまだ保有している、まだ平均労働者よりも多くの桁外れの報酬を許している。これは略奪、で略奪が続く。

なぜ、たとえば、だれも会計詐欺の問題を持ち出していないのか?Lehmanの財務諸表はバランス・シートが$100Blnの穴があいていたとヒントにもならない。それでも誰も詐欺を追跡しようとする人は誰もいない。そしてLehmanは一人だけだったのかということにも。

金融会社は巨額のレバレージを取ったそしてそれと、巨額のリスク、収益増強し職員と上級高官に支払うために。金融記事はクレジット・スプレッドはかなり狭すぎると報道していても(リスクを取っている人たちは可能性あるロスとの関係で十分の収入がなかった)しかし最も良い立場で理解するのはそれらのリスクが積み上がってることで、それは”表”が勝ちで”裏”が負けの賭けであるからだ。

そしてThainはメリルをBank of Americaに膨張であった価格で身売りしたことで称賛された。その事実は、その特徴づけは広く承諾され民間がその役割を果たした。メリルの株主たちは全滅されるべきだった、そしてそのい債券保有者は打撃を受けるはずだった。その代わり、Thainはメリルのくずの資産を公共に手渡した(今日まで)それは称賛されていた。

広告