Obamaの金融改革提案:見掛け倒しで

投稿者: whitegru3

Obamaチームがその金融改革提案のいくつかを予告し始めた。NY Timesにそれが正確に書かれている、それは求めら得ていたよりかなり不十分である。

記事の最初には:

Obama政権が国家の金融管理システムを引き締めるためにすばやく動く計画をしている。

もしObama政権が使用としている全ての意向が既存の骨組みの余白の周りをいじくりまわすことであれば、米国は金融システムを清掃するのに危険でなかなか前に進めないだろう。大恐慌の時に、 Securities Act of 1933とSecurities and Exchange Act of 1934(証券取引法)は大胆で、徹底的な改革で目だって効果的で長持ちすることを証明した。

それが白紙から始めなければいけないとはいっていないが、そのお偉い方が質問をする意欲と既存の企業の配列を彼らが用意している以上により深く探査意欲が必要になる。

高官たちは広い範囲においての変更をするといっている、それにはより厳しいヘッジファンド、クレジット・レーティング社、モーゲージブローカーの連邦政策含みそして経済危機の一因となった複雑な金融商品のより厳しい監督。

そのレポートのテーマ(Paul Volckerによって先導された国際委員会による)は、現在ほとんど監視されていない大手企業と金融商品はより大きな監督傘の下で流れるように動かされなければいけない、受け入れられ、政権によって主義をガイドしながら。

ここまでが母体で、詳細は:

高官はクレジット・レーティング社での利害の対立を抹殺する法律がほしいと言った。その中核の問題は、その事業体は企業によって支払われ金融商品を構成するために企業を助ける、レーティング社はそれを格付けする。

その問題がかろうじて明確されている:レーティング・エイジェンシー(格付け機関)の対立。レーティング・エイジェンシーの適正の考慮なし(彼らはある構造商品ための発行体の入力は不当にも依存されていた)、又はその対立の奥行き(たとえその支払い処置を変えたとしても、レーティング・エイジェンシーは人の入れ替わりの激しい組織で最優秀職員はWall Streetへ流れている。たとえ、低い金融会社の給与の勇敢な新しい世界でもそのパターンはまだ続いている。そして職員はその結果まだ彼らが厳しくならなければいけないほどのやる気がない。

政権は更に、クレジット・デフォルト・スワップのようなデリバティブ、昨年の金融崩壊の中心でローンのデフォルトのための保険の種類、は中心のクリアリング・ハウスと可能性として1つ以上の取引所で取引される要請を準備している。それで監督機関はより簡単にそれらの使用を監督することができる。

できるだけ数多くのOTC商品が取引所と取り引きされることに賛成してきているが、しかしCDSには2つ目の問題がある。その市場の規模が基盤になっている債券に対して非常に大きく新発債のプライシングにかなりのゆがみを生み出している。(昨年の夏にその相互関係のモデルが破壊された時に、その一つの副作用はAAAの発行体がもし資金調達した時にCashとデリバティブ市場の鞘取りのために急に非常識な広いスプレッドの広がりに面した。)同じように金融報道陣は昨年の夏に金融企業のCEOが悪の株の空売りが株価を引き下げている主張していたことを取り上げ、実際にはCDSはもっと良い商品だった。

金融改革の理由はそれが資金調達コストを下げること、流動性を高める、そして実際の経済にその他の恩恵を与える。しかし数多くのCDSの例で実質の経済の有害物にゆがみを作っている。それからもCDS市場の規模を縮小するためにどのようにして政策がおかれるべきであるかある思考が出されるべきである。(個人的にその存在の正当化は弱いと思う。しかしObama政権がこの周囲において大胆な動きをする意欲が見られない)

CDS市場を制御するもう一つの理由は巻き込まれるリスクの規模は取引所にしても大きすぎる

CDSを取引所に移す一番貴重な要素、システム・リスクを下げる上で考慮して、クリアリングを中央に集める、もし誰かがデフォルトすると、カウンター・パーティーは取引所になるから、個々の企業ではなくなる。このようにして監督機関は

広告