クレジット・クランチが国家を食べ物の物々交換に導く

投稿者: whitegru3

ヘッドラインは大げさではない。そしてそれはクレジット状況が優れた借用者より低い多くにとって引き続ききつめである。

Financial Timesから:グローバル金融危機と高い食品価格がどのように貧しい~中堅所得国家の財政に負担しているか目を見張るような例で、ロシア、マレーシア、ベトナム、モロッコなどのような国は政府間で米から植物油の商品を輸入する物々交換の契約を話し合うか、すでにサインした。

これらの貿易の実践の復活は、過去20年間にまれに使われ、よく国際輸出禁止の対象になっている諸国と前の共産党圏で、銀行貸付が干上がり貿易を確保することに失敗した国の結果からである。

その諸国はどの契約の価値の詳細を明らかにしていない、そしていくつかはそれらの存在を確認することを拒否した。官僚は小規模の契約で$5Mlnから大規模の契約が$500Mln以上になると推測した。

国連のWorld Food Programme(世界食糧計画)の所長Josette Sheeranは、上位の政府高官たち、首脳陣を含むはWFPに彼らは食べ物を購入するクレジットを所得するのに困難に面している。とFTに言った。

食べ物を輸入するためのクレジットを所得するのに苦労する諸国は国内の穀物価格を引き上げている。Sheeranは、昨年の夏から国際食品価格は下落しているのにいくつかのアフリカの国の穀物価格は急騰していると言った。

広告