メリルの2008年の支払いは2007年の水準からほんのわずか低いだけ

投稿者: whitegru3

もしメリルの2008年の支払いパッケージの正当化についてどんな疑いがあるなら、WSJの記事にメリルの前CEO John ThainとBank of AmericaのCEO Ken Lewisの間での継続した激論がなにか疑いの気休めになるかもしれない:

先週の有価証券出願によりと、メリル全体の報酬と手当て費用は12月26日締めで前年の$15.9Blnから5.7%減り$15Blnとなった。メリル従業員の平均は2008年に平均で$247,423を受け取り、2007年から若干下がった。

それに対して、Bank of Americaの従業員は平均2008年に$75,577受け取り、2007年の$89,420から下落。

商業銀行と投資銀行の報酬のギャプは最大の摩擦の源の一つだが、事実は極めて気前よさに乏しく支払われた労働者の衝撃がより大きく傷口の開いた傷に塩をこすり付けている。

Thainは、メリルの支払い水準が昨年に任意のボーナス・プールが41%下落したと弁護した。そうすると彼の在職期間で、より多くの固定の報酬水準職員の割合がいたことになる、それは保証されたボーナスである。それはThainと彼の雇い人は平均報酬をかなり動かしたようだ。(さもなければそうであろうところからかなりゆがめられていた)

広告