Roubini教授:チューリッヒからBloombergインタビュー

投稿者: whitegru3

『この全ての財政刺激策は必要、そうしなければその代わりはデプレッション。』

Roubiniのインタビューを聞いていると、Roubiniは今年米国でネット雇用削減で6Mln人未満になると予測している。

このレートでは、昨年の雇用2.5Mln減少の上に2009年に追加で6Mln人の雇用減少になる可能性がある。Obamaの計画では2~3Mlnを雇用を作成したい。そのやり方で、もしそれが実施されると、雇用削減は少なくなる。ネットで雇用を作成はしない、雇用削減は1ヶ月50万人から20万~25万人/月になるだろう。それが今年一番良い予測になるだろう。そして私は、失業率は来年も継続して上昇するだろうなぜならそれは遅行指数であるからである。失業率は2010年に9%越えでピークに達するだろう。それはかなり暗い。』

Roubini教授はグローバル景気後退からはどこにも隠れるところはない

グローバル株式市場下落はますます相関性が出てきて新興経済は先進国に続いて厳しいリセッションに入る。

Roubiniは中国の経済成長は5%未満に衰え、そして米国は6百万人が職を失う。米国経済は2010年に最高1%の伸び、民間支出は下落し失業率は少なくとも9%に上昇するだろうと付け加えた。

Roubiniは米国政府は最大手の銀行を国営化するべきであると言った。なぜなら損失が資産をを越え、それらを破たんに押し入れる恐れがあるからである。銀行は2~3年後に再び民営化されることができる。教授は米国金融業の損失は3倍以上の$3.6兆になるだろうという予測を繰り返して言う。そしてグローバル株式は現在の水準から今年は20%下落するだろう。と言った。

広告