グローバル銀行業組織体は2009年世界中のGDPは下落すると予測

投稿者: whitegru3

Institute of International Finance(国際金融協会)によるグローバル国際的収縮のフォーキャストは重要であるなぜならばそれは2009年のマイナス成長を最初に予測しているからだ。それはごく普通のように見えるかもしれない。しかしIMFは2009年は1.5%の成長を予測している、それは事実上まじめなリセッション水準をみている。なぜ・新興経済は通常先進経済より高い成長率を見せびらかす。よって2.0%台の成長率は低迷と等しいと見られる。そして公的機関はたびたび先導の世間一般の通念より遅れる。マイナスの世界中の成長は従って厳しい予測である。

Telegraphから:Institute of International Finance(国際金融協会)、大手銀行のグローバル組織体はほとんど前例のない世界経済成長と資本の流れの崩壊を予測した。

それはっ最初の主要でグローバル機関で2009年の全面的なグローバル収縮を予測し、その経済は1.1%縮小するだろうと予測。

IIFのチーフ・エコノミストPhilip Suttleは『これは両大戦間の年から最悪の期間である。』

かれは裕福な経済諸国も2.1%収縮―1930年代以来最悪の平時の生産高。

民間資産の新興世界への流れは来年は干上がる型にはまっている、IIFは2007年の$928.6Blnから2008年の$465.8Blnそして$165.3Blnへ下落している。

その結果新興経済欧州の経常収支の赤字は新しい年に3倍以上になるだろう…アジアはアジア金融危機の時よりもっと苦しい経済下降になる可能性がある。とレポートは指摘する。

IIFはDavos(ダボス)でのWorld Economic Forum(賢人会議)の前に会議を開き、Rhodes氏は今年の問題の深刻化は保護貿易主義の高まりである。『貿易ラインを開いておくものすごい必要がる。もし見えてきたら―他のすべてを私たちが話していることで―その上に貿易ラインの削減、そうすると本当に問題がある。』

広告