Wall Streetのボーナスへの議会の騒音と怒りは確かに何も意味をしない

投稿者: whitegru3

猛烈な批判がボーナスの受け取りでWall Street が銀行員を火あぶりしWashingtonから爆発した、Obama大統領も乱闘に加わる。その雰囲気は異常に興奮していた:

Obama大統領はWall Streetのボーナスに対して膨れ上がる大衆の権利のために戦う過激派的な反感を増大させた。それを“shameful”『恥ずべき』行為と呼び、銀行が納税者が企業を救済するのに$18.4Blnを与え米国はまだリセッションから抜け出せない。

そのボーナスは “the height of irresponsibility”『無責任の絶頂』とObamaは本日財務長官Timothy Geithnerと副大統領Joe BidenとWhite  Houseでの会議の前に言った。会社は『ある程度の抑制と規律を見せなければいけない』

そして一番おかしい、又は一番哀れで、物の見方によってだが、それは:

大統領が上院議員Christopher Doddのような政治家に合流して、彼らは今日その金を取り戻すためにどんな可能性のある合法的な方法を使うことを呼びかけている。2008年NY市金融会社のボーナス・プールは、その業界で記録的な損失を出している真っ只中6番目に大きい規模であった。

『私は奨励をする–事実上奨励ではなく、要請する–財務省が金を取り戻すためにどんなほうほうを見つけだす。』とDodd議員は言った。『これは認められない。』

他のどんな業界でも企業が生き残りを脅かす規模の損失を被るとボーナスは除外されるか、それらをもっと選択する方向へ向ける、そう、自動車業界を救う、その方が目的を果たすことだろう。

しかし、議会の過度に騒ぎ立ては恥知らずの陽動作戦である。哲学者Rodney Dangerfield(コメディアン)に言わせると:

もしコンビニで$1000を盗んだら、刑務所に10年行きになる。もし$100Mlnを盗むと、議会に呼ばれ、悪名を10分間呼ばれる。

その厳しい叱責は今回はやや長めになるかもしれないが、概説はその状態のままである。

もし議会が責任の所在を明らかにするなら、それは鏡を見ることから始めたらいいかもしれない。それは重役の報酬についてたまに行われた儀式、いくつかの尋問で呼ばれ景気の良かった会社を身をねじらせようとした、そして何もしないで進んだ。それが何もする意向がないことを非常に明らかにする、そのふりを前と同じように継続する。

多額の給与がやる気にさせ上位のCEOの業績に報酬をあたえる必要があると主張する人たちのために、それとは反対の十分な証拠がる。研究によると、一番高い報酬が与えられたCEOの会社は平均を下回る実績を上げている。(一つの理論として。高い報酬は弱いコーポレート・ガバナンス(企業統治)の症状である。)同じように、Jim Collins、彼の本”Good to Great”に、安定した、長続きしたよりすぐれた結果を生み出した会社は例外なしに控えめでとんでもなくよく報酬を受けていない重役によって先導された。

そしてTARPから資金を出したボーナスの大失敗をただ単に認めざるを得ない行いの悪さだが完全に予想のつくWall Streetの企業へ責任を移行することを試みることはばかげている。国会議員はその時は権限のないと知られていた報酬の制限を許可した、ただ単に見せ掛けで、それでその時点では財務省から譲歩を取得したということができた。9月に戻って、財務省が厚かましくも証券業界とFinancial Markets Associationのメンバーのために非公開状況説明を開いた時、そいてそれは広範囲に渡る公共にではなく:

重役の報酬条項は冗談のように聞こえる、それらは既存の契約には影響しない、それらこのプログラムの権限の2年間入った契約だけ影響する、そして高額の退職金だけに影響する。(Golden Parachute)その点についてもっと明細がほしいが、主旨を逃したような詳細は必要がないと思う。

そしてもちろん、その法案の条項は最高幹部のみに関係するのであって、ボーナスの最大の分け前を受け取った高所得階級と一般にではない。

それが解説者によって見落とされた基本の点で:

財務省は過剰の重役の報酬を徐々に取り戻す規制を発行するTARPの作成の法案の権限を持つ。とWidener Universityの会社法教授Larry Hamermeshが言った。

『それはTARP 1で財務長官が重役の取り戻しの条項を設立すると思われていたことはかなり明らかであった。』とHamermeshは言った。『財務長官がどうしてそれが明らかでなく実施したのか』

財務省は企業に過剰のボーナスを払い戻して追加の資金を要求することを要請しなければいけない、この先に資金融資を条件として。

確かに、TARPには”executives”『幹部社員』を民間企業の最高5幹部社員の一人と定義している、それらの報酬はSecurites Exchange Act of 1934に準じて明らかにすることが要請される、それとどんな非民間集団の取引先』

そしてそれでさえも、その取り戻しはほんのわずかしか届かない:

金融企業で上級の幹部社員に支払われたどんなボーナス又は奨励給の回収の条件は決算報告書、収益、又はその他の基準で後に実質的に証明された事に基づく。

それでも、この言語はTARP法案の110ページ渡る中間版で始まっていた、Dodd議長が主役を勤めた9月の下院での提示したもの。

誰もこれらの企業が2008年の業績を偽って伝えたとは言っていなかった。彼らはひどく不快な年でボーナスがどちらにしても支払われたと言った。

そして、いくつかの目だった例は手がとどかない。John Thainは2008年のボーナスをすでにあきらめた;彼の$15Mlnどころの契約ボーナスはTARP前だった。よって彼はTARP資金のいくらも取得していないように見受けられる。ThainはGoldamnからThomas Krausをグローバル営業・トレーディングの部長に採用し$39Mlnのボナース保証付きで。Peter Kraus、もう一人のGoldman社員で9月に就任し、$25Mlnの支払いに導いたBank of Americaによって引き金を引いた条項を持った。

弁護士と報酬の専門家ではないのでよくわからないが、法律的理論でそのボーナスが何によって回収されるのかわからない。たった一つ考えられるのが横領と詐欺譲渡で、どちらも当てはまらない(多分大変頭の良い弁護士が大手の上場した投資銀行での2006年~2008年の全体のボーナス過程は横領の陰謀であったという理論を考案してくれるかもしれない、しかしそれは大変多くの発見を必要とし、資本主義の心臓を突き刺すように見られるだろう、この程度の物だが、そしてどこにも行き着かないだろう。)簡単な言葉での詐欺譲渡は破たん企業の債権者に破たん直後にある程度の支払いを取り戻し挑戦させる許可をする。TARP受け取り者は誰も破たんしていないためそれは成功の見込みがない。(TARPの肝心な部分は破たん申請を避けることであった)

お偉い方が望める最高のことは数少ない形式的な不正利得を返すことである。世間の目にさらされた人生にあこがれている人たちのために、それは道理が通るかもしれない。しかし Dick Grasso、彼の報酬はどの基準をとっても奇妙(彼自身の重要性、9・11の後に消防士とVerizonの技術者、それらの多くが肺をだめにしより大きな役目を果たしていている時にNYSEを元に戻した責任を主張していた)それでもEliot Spitzerとの長時間の論戦に勝利を得た。(Spitzerはかなりのメリットがあると思って法律的な理論があった:その報酬は収益がないNYSEの状態と矛盾していた。よってもし誰かが善戦する決意をしたら、その金をどのようにしてやむにやまれず戻すことができるのかは見えない。

別の方向に置くと:議会は、モーゲージ修正を促進するための証券化契約への介入への道を見つける意欲がないなら、それよりもっと重要な問題、政治的で現実的な、それらはほとんど確実にここでちょっかいを出さないだろう。

広告